百名山サポート企画 焼岳  

百名山サポート 焼岳 山行報告書
期日 2019年6月23日(日)
天候 晴れ、曇り、のち雨
参加者 CL東明 SL梅田 白木 今峰 渡部 矢口 山本 杉山 竹中美 菊井佐々木
行程 5:00中濃総合庁舎-美濃IC~清見IC~国道-高山西~高山IC-安房峠道路-中の湯温泉-7:48登山口出発-9:22広場-10:37稜線-10:49山頂-11:13下山開始-11:23稜線分岐点-13:53登山口-14:12~15:10温泉-17:20中濃総合庁舎解散

焼岳は岐阜県側からのルートで登ったことがありますが、長野県側からは登ったことがなく、楽しみな企画でした。
週の初めの予報では雨確実でしたが、傘マークが消えて雨は降らないだろうと決行になりました。百名山とあって希望者も多く、4台くらいになるかと思って5時前に集合。参加者は11名で3台でのスタートとなりました。5時集合は遅くないのかと思いましたが、2度のトイレ休憩を入れても現地に7時半過ぎには着きました。登山口付近の路肩は車でいっぱい。もう少し停め方を考えればいいのになあと思う。
快晴の中、明神を眺めてスタートする。

前日の雨で登山道はぐちゃぐちゃになっています。
今日は、靴もザックもウエアも新品なので、気を使いながら歩く。

足元にはニリンソウ、ユキザサ、エンレイソウ、マイズルソウなどが咲いていて、花に目覚めた白木さんの教授に皆さんびっくりする。
新入会員の二人を気遣って、ゆっくりとしたペースで先頭を行くSL梅田さん。適度な休憩も取り入れて、全く疲れない。いつも叱られる私とは大違い。樹林帯の中、汗はかくが時折吹く風が心地よい。広場に出ると目の前に焼岳の荒々しい山塊が目に飛び込んでくる。

新緑のナナカマドが一面に広がり、青空に映えてきれいだ。目を閉じれば、秋の素晴らしい紅葉と焼岳が想像できる。
この先は、岩のルートとなるがマーキングがしっかりしていて、何も迷うことはない。早出の登山者とすれ違うと、素晴らしい眺めだったよと話しかけられる。ガスがかかったり、晴れたりと下山時の雷と雨が気になる。振り返ると霞沢が目の前にあり、何度も計画倒れになって登れなかったのが非常に残念だ。(残雪期ルートで登ったメンバーはいる)

噴火警戒レベル1の山でもあり、登山者はヘルメット着用者が多く、意識の高さを感じる。我々もヘルメット着用するべきだったと反省する。

稜線に出て、噴火口を望む。南峰は立ち入り禁止区域となっており、三角点が気になるところだが、山頂となる北峰に向かう。

直下の場所はベテランの指導の下、3点確保で登りきる。

集合写真を撮ってもらい、早々に昼にする。山頂には信州医大のメディカルスチューデントが4名。かわいい女子たちには、常念岳で出会えるそうだ。

昼食後もガスは晴れることなく、雨が気になり下山にかかる。

岩場の下りは慎重に、今峰さん、白木さんの指導のもと無事に下る。

登山道の丸太が劣化して鉄筋がむき出しになったりして、整備が望まれるところである。

杉山さんの踏み抜きによる転倒もあったが、けがはなく良かった。九州から団体で来ている登山者は全員がヘルメット着用で、子供かと間違えて方がいたが、実は高齢の方ばかりで、すれ違いざまに若さをもらいますと握手され、パワーを吸い取られてしまった。(笑)なんと3日間で御嶽、焼岳、乗鞍と登られるそうだ。
樹林帯に入ってからは登山口までが長く感じた。パワーを吸い取られたせいか、疲れてしまった。下山後に雨が降り出し、濡れることなくよかった。

全員が中の湯温泉につかり、汗を流した。とても良いお湯だった。
百名山企画、今後も期待して参加していきたい。

記録文 山本善貴

6月バリエーション山行 地図ナビ講習会

6月バリエーション山行
地図ナビ講習会
山岳遭難の約四割を占めるのが道迷い。自力下山や道迷いの結果の滑落転落の事故はそれに含まれないため実際の数値はそれ以上と推測される。昨今は春の山菜取り、秋のキノコ採りの遭難も増えている現状を踏まえ、国内山行委員会としては支部山行だけでなく個人山行も含めた安全登山を考えて、普及著しいスマートフォンを利用した山岳ナビゲーションの習得を実施したいと考えた。


今回の講習では地形図・オリエンテーリングマップを用いて地形図の信頼性の限界やコンパスナビゲーションの方法、概念図の考え方からベアリング表を使ったナビゲーションなど紙地図とコンパスを使ったナビゲーションを体験して、スマートフォンを使った同様のナビゲーションを基本操作から実践までを実施してもらったのであったが…1回の実施で完結させようとした考えが甘かったようで、皆さん分かったのか?分かってないのか?分からないような状態で終了したようだった。今後、希望があればもっと項目を分けて実施したいと思います。

〔山田昌孝 記〕

〔日 時〕 平成31年6月16日(日)
〔場 所〕 岐阜市三田洞オリエンテーリングコース(百々ヶ峰山麓)
〔参加者〕 山田昌孝(講師)、水谷嘉宏(アドバイザー)、窪田百合子、神山敬三、
小島孝子、杉山美智子、林靖子、馬渕等、三宅一正、琴尾泰典、下畑佐和子、民田勇
計12名
〔地 図〕 岐阜北部 (1/2.5万)

一般公開 清掃登山 金華山

1. 期日 3月10日(日) 天候 曇り(下山後に降雨)

2. 駐車場 金華山河川敷駐車場

3. 集合 岐阜公園 ロープウェイ山麓駅前 8:00 解散 岐阜公園内 11:10

4. 参加者 高木 東明 神山 岡田 竹中 馬渕 山本 竹中(美)梅田 松原 日置 杉山 藤田 藤田  清水 久野 一般参加 稲垣 熊田    計19名

5. コース 

① .岐阜公園8:00…馬の背登山道→金華山山頂9:30→七曲登山道…岐阜公園 11:10分解散

② .岐阜公園8:00…百曲登山道→金華山山頂9:30→七曲登山道…岐阜公園   11:10解散

③ .岐阜公園8:00…瞑想の小道コース→金華山山頂9:30→七曲登山道    岐阜公園11:10解散

清掃登山は昨年の百々ケ峰に続き2回目となりました。

前回は告知方法などが行き届いてなく、会員の参加も少ない状況でした。今回は事前の計画と案内が行き届き、会員の参加は増えました。

しかし、ホームページや新聞などで告知をしたにもかかわらず、一般参加は少なかったです。事務局に連絡があったのは1人でした。他には会員の友人、当日参加の会員など合計20名となりました。

計画通りに3コースに分かれ、清掃登山を開始。コースを外れたヶ所には、かなりのゴミがありました。すれ違う登山者に、パンフレットを配り、入会の勧めをしました。山頂に着き、3グループが揃うまで、休憩やら談笑。

  集合写真を撮り、支部長挨拶後に七曲コースを全員で下山しました。

イノシシ罠の設置個所があり、登山道外のごみ拾いに注意して行いました。急な斜面などはロープ゚を利用して活動すれば、より良いアピールになったかもしれません 公園についた時には待ちきれず帰ったメンバーもいましたが、11:10に解散となりました。同時に雨が降り出してきて、濡れずによかった。 集めたごみは藤田さんが回収してくださいました。

次回は、一般参加が増えることを期待したいです。       報告文 山本

滝波山

2月バリエーション山行 滝波山 

山行報告 期日  31年 2月17日(日)

参加者 山本(CL)竹中(SL)今峰 神山 矢口 梅田 久田 田中 渡部(新入会)

天候 晴れ 神山車(久田、田中) 梅田車(山本、今峰、竹中、渡部)、矢口車

山県市役所前 6:00 集合移動―板取温泉(トイレ休憩)~林道車止め7:27 7:27駐車地―7:49(ゲート出発)―8:32衣類調節-9:12林道ショートカット-9:58林道ショートカット―10:19ワカン装着―11:12尾根上で休憩-12:00ピーク―12:24山頂~昼食―13:00集合写真―13:05下山開始-13:57稜線から尾根に下山―14:15林道へ降りる―15:35林道ゲート―15:47車止め 16:00現地解散

 山県市内某所17:00 滝波山は岐阜百山に入っており、残雪期でしか登頂が困難な山の一つです。参加のメンバーは、岐阜百山達成済の今峰さん、梅田さん、他、何度も滝波山に登っているメンバーが多数。メンバーとしては頼もしいばかりである。 例年なら、深雪で困難な山行に思うが、今年は雪が少なく、どうなのか不安が残ります。昨年末、林道調査をしているので、林道状況は確認済みです。計画時12人でしたが、9人で挑みました。 林道のゲートを過ぎたあたりからほぼ雪道となりましたが、冷え込みにより埋まり込みは少なく、坪足のままで交代しながら進みました。

途中、ショートカットを2ヶ所、ベテラン今峰さんの足さばきを教わりました。カシミールの地図よりも現状は林道が延びています。終点まではいかず、傾斜の緩そうな尾根を選択して登ります。当然、ワカン装着し、CL先頭で直登します。ピークに上がってからは、先頭を最年少の田中君に登ってもらい、後ろからルート取りの指示を出します。若いので、疲れ知らず。稜線に出て風が強くなり、低い雪庇で風を避けて休憩します。

時間を見ると登頂できるかもしれない気がして、今峰さん、神山さんの3人でピッチを上げてしまいました。 あまりに離れすぎて、神山さんが後ろと連絡取れる位置までペースダウンします。 ベテランの今峰さんのキックステップを後ろで勉強しながら、54分遅れで山頂到着しました。 後続もほどなくして、登頂しました。 山頂では、すごい風が吹き抜けているので、安全な雪庇を選び、風をよけて食事をとりました。

13:00集合写真の後、下山開始しました。下りは予定がある人がいて、CLを置いてさっさと下ります。その後、追いついて休憩の後に先頭交代します。 急な坂は、尻セードなどで時間を稼ぎます。山岳会は遊んでばかりはいません。滑落訓練を兼ねて、滑落時ピッケルの使い方を指導受けます。回転滑落を実演してもらい、勉強になります。強風時の姿勢の保ち方も指導受けます。山岳会に入っていれば、学ぶべきものはいっぱいあります。林道に降りてからは、雪の続く限り、ワカンをつけたまま速足で車に戻り、早々に挨拶して現地解散。トイレによってから駐車場に戻りましたが、先行車の神山さんは待ってくれていたようです。出だしからトラブルもあり、終日気乗りしない1日であったが、結果的に全員が登頂できたのは良かった。 感じたことはコースタイムの想定とメンバーの技量、時間超過後の登頂判断など、CLとしての判断のむつかしさを感じた。

ムネ山 905.4m 二等 12月2日(日)

ムネ山 905.4m 二等三角点

12月2日(日) 天候曇り

参加者計11名 堀CL 竹中美SL

8時に美濃国分寺に集合グループと、現地8時半待ち合わせ2名に分かれる。

天空の遊歩道の駐車場を過ぎて、さらに林道を登っていき、ゲートよりかなり手前の広場に駐車してCLの挨拶の後8:55分スタートする。

取付き地点は林道終点の少し手前で、分岐で迷うところはなし。

9:16分ダイヤル鍵のゲートを過ぎると、奥には狩猟の檻が3つほどあった。

許可証の主はご近所さんだったことにびっくりした。

10:26歩道入り口とある取付きから沢沿いのルート、急登の斜面に取り付く。

冬枯れの道をたどり11:04分三角点に到着する。

鹿よけネットで仕切られていて狭いので、少し戻って昼とした。

昼食の後はSLの提案でちがう林道で周回しようということになり、藪漕ぎも覚悟するが、しっかりとした道がついていた。

池の確認もできた。以前来たときは看板があったのだが、朽ちてしまったのかもしれない。

池を過ぎたあたりで、休憩中のグループに遭遇。

以前、会友だったメンバーや、よく一緒に山に行ったメンバーと出会った。

お先に失礼して、目的の林道にのっかった。

途中、三つある三角点の一つに立ち寄る。なんと千代保稲荷神社の銘が書かれていて、驚いた。

4等三角点、千代保の名前の由来が千代保稲荷神社であると推測できた。

その後も、駐車地点に近いルートを選択するが思い通りにはいかなかった。

駐車地点に着くと、先ほどのグループが車を待っていた。

どこで抜かれたのか。

紅葉も少し残っていて、良い一日だった

10月例会山行   白 滝 山 (1022m)

10月例会山行
           白 滝 山 (1022m)

昨年は雨で中止となりましたが、今回は天高く、素晴らしい青空となり心が浮き立つ思いでした。

明王谷道駐車場から出発、右側は崩れそうな斜面、左側はさらさら水の音が涼しげな渓谷の続く林道を40分ほど歩き、明王谷分岐から白滝谷方面へ徐々に登りが始まりました。

山の名前の如く、右に左にと、大きな一枚岩に白い布を引いた様な滑らかな滝が多くあり見所満載ですが、渡渉も4回ほどあり石が滑ることで心から景観を楽しむ余裕がありませんでした。

白滝を過ぎるとシャクナゲの群生地帯があり、又、ブナやなら等の樹木が多く、途中30cm程のマイタケを見つけゲット、女性達で山分けしました。

うれしい限りです。夫婦滝を見て音羽池へ道なき道をひたすら歩きました。

山奥にある鏡池は青空とうっすら紅葉した木々が透き通って映り、時々水面が揺れ、皆口をそろえて「モネの池」と賞賛です。

景色も良く、12時であり、結構な登りで皆疲れて自然の流れで昼食となりました。

13時白滝山山頂到着、三角点が見当たらず三角点もどきの石にタッチ、皆で万歳三唱、ヤッホー3回、久々にやったぞと嬉しそうで、男性陣が可愛いく見えた瞬間でした。

 

下山道は、薄暗い杉林が続く単調な景色の急勾配の狭い道でした。

先日の台風の影響か折れた小枝や湿った落ち葉、苔石で滑りやすく、緊張感の中足が非常に疲れました。

林道に出た時は体の力が抜けホッとしました。

白滝山は名前に似合わず厳しい山で、かなり体力が必要だと痛感しました。

紅葉にも少し早く残念ではありましたが、マイタケとセロリの炒め物でビールを飲みたいと思います。                [野田 紀子 記]

[日 時] 平成30年10月21日 (日)   (晴れ)
[場 所] 滋賀県大津市葛川坊村町明王院
[参加者] 竹中佳美(CL)、竹中美幸(SL)、今峰正利、神山敬三、小島孝子、下畑佐和子、
清水友子、高木基揚、野田紀子、横田照夫           計10名
[タイム] 美濃国分寺6:15=明王谷道駐車場8:50=明王谷林道出合9:25=夫婦滝11:20
=音羽池12:00~12:55=白滝山頂上13:05~13:20=伊藤新道出合15:40=
明王谷道駐車場16:10=美濃国分寺18:40(解散)
[地図]  比良山 花背(1/2.5万)

富士見台高原 (1,739m ) 平成30年8月26日(日)

富士見台高原 (1,739m  )

中濃総合庁舎出発班と現地神坂峠駐車場で8:30に合流すべく、記録担当者は直接集合場所に向かい到着を待つ。やがて到着した班と準備整い次第、8:25駐車場を後に11人全員そろって山頂を目指して出発した。登山道両脇の朝露に濡れた草木の間を登り始めて程なくすると、左手前方に大部分ガスに覆われた恵那山の姿を見ることとなった。大人に交じって小学生2名が元気よく一緒に歩を進めていった。30分ほど登ったところで展望が開けると、右手下方萬岳荘から登ってくる道と合流した。
ひと休みしたのち、そのまままっすぐ頂上を目指して進んだ。途中広々とした登山道少し左手奥まったところには、しっかりとしたトイレ・休憩所が2棟建っていた。広く一般の人が気軽に(?)訪れることが出来るコ-スゆえの結果であろう。9:25頂上に到着した。
360度の眺望は、いつ見渡しても素晴らしい。暫くして、食事はどうしよう・・・?
時刻は未だ9時半を少し回ったところだが・・・・と言ってはいたが、後藤・竹中(美)両名の名シェフ(!)による豪勢な朝食・昼食折衷みたいな不思議な食事の準備が始まった。ガス台・フライパン各2個により出来上がっていく料理が、なんとまぁ肉料理!! 脇を通りかかった外国人を含む数人の登山者たちの中から、その光景に“おぉ~、これ何ぃ~、こんなの見たことない!”と驚嘆の声が聞こえてきた。
こうした楽しい食事時間があっという間に過ぎて、満腹感を味わいながら順次下山の準備を始めた。じっとしていると少々肌寒ささえ感じる状況になってきていた。11:00丁度用意が整ったところで、萬岳荘方面下山ル-トに向かって下山を開始した。11:30荘到着し小休止をした後、11:45神坂峠駐車場を目指した。12:30全員無事駐車場到着を確認後
またの山行機会を楽しみに解散し帰路に就いた。      (三宅一正 記)

日 時  平成30年8月26日(日) (晴れ)
場 所  中津川市~下伊那郡阿智村
参加者  後藤 允(CL) 竹中美幸 下畑佐和子 杉山美智子 高木基揚 古田 大
田中啓太 三宅一正 ほか大人1名・子供2名 合計11名
タイム  中濃総合庁舎6:00=恵那峡SA=神坂峠駐車場8:25-富士見台高原頂上9:25~11:00=萬岳荘11:30~11:45-12:30(解散)
地 図   ?

「花の旅 歌の旅」くじゅう連山

「花の旅 歌の旅」くじゅう連山

このたび日本山岳会の会報誌 山 8月号に岐阜支部会員杉山様の活動報告が掲載されました。

会報誌をご覧になってない方は、今一度、ご覧になっていただきたいと思います。

杉山様の了解を得まして、原文のまま投稿させていただきます。

花の旅歌の旅  九重連山
杉山美智子

縁あって8年余り前に岐阜支部に入ってまもなく、「坊がつる讃歌」という歌のあることを知り、楽曲に激しく魅せられて、一度現地を訪れてみたいものだとかねがね思っていたところ今回の企画を知り、欣喜雀躍すぐに参加申込みをしました。
6月7日岐阜を出て名古屋から新幹線、小倉からソニックに乗り継いで別府駅前のビジネスホテルに前泊。8日午前9時半、約束通り東九州支部の尾家さんが満面の笑顔でロビーまで迎えに来てくださいました。同宿の北海道支部の女性2人とともに尾家さん運転の車で筋湯に向かいましたが、車を打ちつけるような大雨。時々雷ゴロゴロ、この先どうなることでしょう。
途中〝野の花の郷〟で昼食の折り、大分空港からご到着の山行委員長他東京組の男性3名、千葉、日野、大阪の女性3名、それに尾家さん以外の東九州支部6名の方々と初対面のご挨拶をしました。早速皆で郷土料理のだんご汁や山ごぼう(あざみの根)を美味しくいただきました。
筋湯の八丁原ヴューホテルに入り荷物を置き雨具を着て、山群の最も西にある独立峰涌蓋山へ。ここで私は初めて間近にミヤマキリシマの花を見て、感動してカメラを向けていたら、支部の方が言われました。「そんなしおれたの撮ることないよ。明日いくらでもあるから」と。いやいや信じないわけではありませんが撮り続けましたよ、はい。山頂でいただいた、工藤さんご持参の地元高級農園の大きな苺の美味しかったこと
翌日は昨日の雨が噓のような快晴。心も軽く筋湯を車に分乗して出発。牧ノ峠で下車。久住山、中岳、白口岳、鉾立峠を経て法華院温泉へと歩きます。途上の西千里ヶ浜から眺めれば、北に星生山、南に扇ヶ鼻、もう言葉はいりません、まさにピンクの絨毯の連続です。

昨日との天候の差があまりにも大きくて心の中で思わず「ありがとうございます。満足したので明日は雨が降ろうが槍が降ろうが文句は言いません」と呟いていました。

花の道を通って午前 時前に久住山へ登頂、皆で記念写真。

御池遭難碑の前の平地で昼食。8日夜から参加の河野さんが、家から持って来て下さった冷えた剥き甘夏は、疲れた身に甘露のように沁みわたり格別でした。
食事の後、あらかじめ用意していた「坊がつる讃歌」の歌詞カードを加藤支部長に預けて、「ここで歌いたいのです」とお願いして皆で合唱しました。この歌声決して忘れません。大自然の中で歌うと本当に気持ち良かったです。東九州支部では毎年慰霊登山をなさっているとのことです。お天気に恵まれて最高に楽しかった山歩きも終わり午後3時半頃法華院温泉山荘へ到着。夕食を終え、気心も知れて親しくなった北海道支部の方々と3人個室でゆっくり眠りました。
3日目(最終日)は昨日の心の呟きが聞こえたのか朝から雨模様。なので大船山、大戸越ルートを割愛し、雨ヶ池越へ直行して長者原へ下ることになりました。
原曲である広島高師山岳部歌「山男の歌」の替え歌なる、「坊がつる讃歌」を創った九大生3人の管理していたあせび小屋を、支部長が案内して下さいました。「四面山なる坊がつる/夏はキャンプの火を囲み/夜空を仰ぐ山男/無我を悟るはこの時ぞ♫」。この美しい湿原に想いを寄せた山男たちの青春の歌は、私の老春の愛唱歌になることでしょう。坊がつるが見下ろせる場所で名残りを惜しんで再度皆で、「坊がつる讃歌」を声の限り歌いました。
雨に洗われた新緑が美しく、ウツギ、紫陽花、オオヤマレンゲなどの花を見ることができ、アサギマダラにも出会えました。
長者原へ予定より早く着いたので足を延ばし、計画にはなかった大岳地熱発電所、川端康成の名作『千羽鶴』の続編『波千鳥』の文学碑を見学した後、鄙びた味のある筌の口温泉に浸かり山行の疲れを癒しました。
ひとかたならぬおもてなしをして下さった東九州支部の皆さま、長年の憧れの地に導いていただいた委員長の征矢さん、お世話になった長島さん、本当にありがとうございました。

バリエーション山行  双六岳・三俣蓮華岳・鷲羽岳・水晶岳

バリエーション山行 双六岳・三俣蓮華岳・鷲羽岳・水晶岳

日 時 平成30年8月17日(金)~19日(日) 3日とも快晴
参加者 CL東明・古田・久田・塩入・SL梅田
コース 1日目  新穂高→双六小屋テント泊
2日目  東明・古田・久田 「双六岳・三俣蓮華岳・鷲羽岳・水晶岳・雲ノ平」
塩入・梅田 「双六岳・三俣蓮華岳・鷲羽岳」  双六小屋テント泊
3日目  樅沢岳→新穂高へ下山
内 容  美濃総合庁舎に集合し、新穂高の鍋平駐車場で塩入さんと合流し、小池新道へ。
鏡平山荘で昼食を取り、双六小屋テント場へ。テントを設営し、早速宴会モード。

翌朝が早いので早めに夕食を食べ就寝しました。

夜中に起きた時は満点の星空。
2日目は2チームに分かれ、東明チームは雲ノ平まで目指ざし、梅田チーム 鷲羽岳を目指しました。

霜柱ができていて北アルプスは秋でしたが、快 晴で富士山や白山まで見渡せ、とても気持ちいい稜線歩きができました。

2日目の 夕食は古田シェフが腕を振るってくれ、楽しい夕食となりました。
3日目は日の出を見るため、朝食前に樅沢岳に登りました。

北鎌・西鎌尾根がきれいに見え、焼岳が雲海の中から頭だけ出しており、絶景でした。

樅沢岳を下りて から朝食を食べ下山。

鏡平山荘でお約束のかき氷を食べ、鏡池で逆さ槍を堪能して 大満足で帰ってきました。

記 録 久田さん

梅田さんのヤマレコ https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1563634.html

東明さんのヤマレコ  https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1562727.html

バリエーション山行  第4回沢登り 小俣谷

バリエーション山行  第4回沢登り=小俣谷
・期 日  8月5日(日)
・場 所  九蔵川・小俣谷(高山市朝日町)
・集 合  9時頃 朝日町「あさひ道の駅」駐車場集合
・リーダー 木下喜代男
・行 程  青屋に駐車し林道歩行30分 入渓10:00 <途中昼食> 駐車場所15:30頃

今年は大垣の山岳会の知友Nさんはじめ4名も参加され、10名となった。

乗鞍の谷に精通しておられる地元のFさんにも同行いただいて、総勢12名で大人の水遊びを楽しんできた。

九今回の年齢構成は40歳代から50、60、70歳代、そして82歳のS大先輩も参加された。

Sさんは、岐阜市の老舗山岳会〇〇登高会のメンバーでもあり、お若い時には穂高の屏風岩や前穂4峰の冬季初登攀をしておられる名クライマー。

今なお体力抜群で、先日体力チェックに上高地から奥穂高を日帰り往復されたとのこと。

蔵川沿いの森林管理署林道ゲート600mくらい手前に駐車し、林道を2㎞弱歩くと小俣谷の分岐に出る。

今回も途中のクライミングなどは難なくこなしておられた。

今年は長期間雨が降らず水量は少なかったが、それでも霊峰乗鞍からの清冽な水は絶えることなく、我々を楽しませてくれた。

夏はなんといっても沢登りに限る。

文章については、飛騨山岳会の木下様のブログを引用させていただきました。

この九蔵川(谷)については、木下のブログ=隠居の「飛騨の山とある日」に載せていますので参考にしてください。 http://hidanoyama.jugem.jp/

山田さんのヤマレコ https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1546347.html