錫杖ヶ岳(676m 三角点なし)

岐阜県庁から12人3台で出発、登山口で神戸町の2人が合流。駐車場はほぼ満杯となっていた。登山道は谷沿いに緩く上がっていく。

辺りは杉の植林帯で、道脇にはコガクツギの白い飾り花が開いていた。歩き始めると直ぐ暑くなる。柚ノ木峠に着くと峰越しの風が涼しく汗を飛ばす。稜線の道はすぐに両側が切れ落ちた細尾根となり南の視界が一瞬開ける。

大きく立ち塞がるのは経ヶ峰。
辺りは新緑の自然林に代わり時々ツツジのピンクが目に飛び込む。

木陰の道を爽やかな風が通り抜ける。やがて山は急峻になり、登山者が多いためか表土が流れ、木の根がむき出しの階段が現れる。

さらに急さを増すと、鎖が垂れ下がった岩の壁を攀じ登るようになる。

勾配が緩むとそこが山頂であった。人で溢れた岩峰のてっぺんに山名版が立っていた。

山頂は360°の展望があり、眼下には地域の水がめ錫杖湖がひかり、その向こうに伊勢湾が霞んでいた。

経ヶ峰の右奥に風力発電群とレーダードームの笠取山。北側は鈴鹿南部の山々。 強い日差しを避けるため、すぐ下の東屋で昼食とした。

下りは嫌な崖が待っているが無事通過。

多くの登山者とすれ違いながらのんびりと下った。
[神山敬三 記]
[日 時] 2019年5月12日(日)
[場 所] 三重県亀山市加太向井
[参加者] 神山敬三(CL)、梅田直美(SL)、竹中美幸(SL)、小島孝子、窪田小百合、下畑佐和子、杉山美智子、高木基揚、竹中佳美、長屋佳子、野田紀子、長谷川誠二、馬淵等、渡部慶洋  計9名
[タイム] 登山口7:00-柚ノ木峠9:30-錫杖ヶ岳10:30~11:20-峠12:05-登山口12:40
[地 図]2.5万図「平松」

3月例会 今西錦司記念山行 柳ケ瀬山 439.1m

日付が変わる頃雨。当日も朝4時頃まで強い雨でしかも雷が
響き渡り、前日に連絡をした方がよかったのか後悔の念を抱い
たが、5時過ぎ東の空を見ると月が出ていて雨が止み行く決心
がついた。集合場所の国分寺駐車場に全員が揃い4台に分乗し、
北国街道(365号線)木之本を抜け1時間ほどで登山口の余呉町
柳ケ瀬に着いた。時折雨雲が垂れ込み辺りが暗くなった。集落
の案内板を見て、荒谷川にかかる橋を越え道標に沿ってゆるや
かな林道を登る。周囲の谷に目を向けると、昨年9月の台風の
影響で杉の倒木が至るところ目立ち残骸が放置されていた。
登り始めから玄蕃尾城跡・行市山砦跡の分岐まで約1時間弱。や
や急登の道を越えると稜線の端に四等三角点があった。城跡ら
しき平坦な入口が現れ、ここから先は下草が刈られ整備が行き
届いていた。、
かって賤ケ岳の戦(1583年)で豊臣秀吉に対抗した柴田勝家軍
が本陣を築いた玄蕃尾城跡には土塁・曲輪などの遺構がほぼ完全な形で残され
ており自然の地形を利用して築かれていることがわかる。我々は案内板を見て
、櫓台(天守)・主郭(本丸)まで散策したが広範囲にわたるため全貌を見るには
時間が不足。早めの食事をとっていたら空模様が急変し、霰・みぞれが降ってき
て逃げ場もなく急いで片付け帰り支度。三角点があった場所で「万歳」「ヤッホー」と大声で別れを告げ、登山口を目指した。帰路の途中、関ケ原辺りで東
の空に虹を見て今日一日目まぐるしい天気だった。桜・紅葉の季節にもう一度
登ってみたい山だった。
【高木基揚 記】
【日 時】 平成31年3月31日(日)(曇り時々雨・霰)
【場 所】 滋賀県長浜市余呉町柳ケ瀬
【参加者】 高木基揚  後藤 充  神山敬三  杉山美智子  竹中美幸  
      白木貞次  馬淵 等  佐藤正雄  武田幸男  三宅一正  大脇美代
      清水友子  今峰正利  長屋桂子  下畑佐和子  小林和雄  
【タイム】 岐阜6:51  美濃国分寺 駐車場7:40 7:50     柳ケ瀬駐車場8:58
9:15・・・玄蕃尾城跡・行市山砦跡分岐10:15・・・柳ケ瀬山三角点10:22~
      散策・食事11:30・・・登山口12:17   美濃国分寺 駐車場 13:55   
  岐阜15:10
【地 図】 中河内  1/2.5万