読図講習会・リーダー講習会 11月4日

リーダー講習会    11月4日

講師 鈴木、小森

岐阜支部参加者 刈谷、梅田、 山本、 多治見山岳会 小森(初心者役)、鷲見

小雨の中、竹中さんの代理で、リーダー講習会に参加しました。

L,SLを講師の始動ポイントごとに交代しながら、勉強しました。

まずは、登山計画書の問題点、エスケープルートの設定がされてなかったことの指摘。装備について(個人装備とリーダー、サブリーダーの装備)。

リーダーのザックは大きめのサイズが必要。

登山のリスクを考える。歩く順番は、先頭はSL,次は初心者、高齢者、最後はリーダー。

最初の休憩場所、歩行速度、登山道の状況でのメンバーの状態確認。

登山道の分岐などで、ルートに不安があった場合はリーダーの指示で、SLが空荷でルート確認する。(それぞれが確認に動かないこと)

登山道が崩壊など危険な状態の場合の対応の仕方。

(確実な地点まで戻る、エスケープルートの選択、お助けロープを張り危険を回避する、行動を中止する)

このような注意点を実践できるように、講師の方が設定されていて、全員で答えを導きながら、実践した。

テストをクリアして時間内に登頂できれば良いのだが、設定時間を過ぎて、エスケープルートで下山することとなった。

最後に、最大の難問が待ち受けていて、初心者が骨折するという状況に追い込まれてしまった。

足首のテーピング固定の実践、ザックを使って負傷者の搬送の仕方。

エスケープルートの舗装道路にて、実践訓練の解除となりました。

建物の庇下で昼食の後、ロープワークの講習と実践を行いました。

他にもたくさんの注意点はありましたが、今日のリーダー講習会から学ぶことは非常に多かった。

グループ全員で学ぶことが重要で、繰り返し訓練して体得しなければならないと感じました。

 

 

 

平成30年度 8回権現の森づくり報告 (通算219回)

平成30年度 8回権現の森づくり報告 (通算219回)

支部長 高木基揚    記録者 竹中佳美

9月15日(土) 天候 小雨 (12時―27度C)

参加者
白木・山本・東名・山田昌・馬渕・水谷・神山敬・古田・竹中美・竹中佳 10名

近況報告

1.権現山へ行く林道の倒木が多く落石箇所も有り侵入できません、揖斐川町が修復予定です、情報が入り次第、森づくりの日程を計画します。
作業報告 植栽地にて計画をして居ましたが、林道が倒木で入れないため揖斐森林組合 倉庫に実習を受けた。

揖斐森林組合2名の方より、チエンソーの取り扱いと服装・チエンソー整備並びに安全講習を受け、近くの森林にて梯子掛け、木登り安全ベルト使用、枝切りの実習を受けた。
森づくり会員10名参加され、良い実習講習会で会った。

次回作業予定日 10月6日(土)です
(ふじはし道の駅AM8時集合、8時15分出発

作業内容 10月6日、ヒノキの枝切りと植栽場所のマーキング、下刈りです。.
10月28日は 苗木の植栽です。.
今後の作業日程 月/日
10/6(日)・10/14(日)・10/28(日)・11/10(土)・11/18(日)

権現森づくり 事務局 竹中 佳美 090-1563-9646
神山 敬三 090-4210-9371