8月上高地山研合宿 長七の頭・ひょうたん池 8月11日(日) 

8月合宿 長七の頭・ひょうたん池
8月11日(日)

山研   ⇒ 明神橋 ⇒ 上宮川入渓 ⇒ お花畑 ⇒  ひょうたん池
6:50     7:30   9:00     10:00      10:20

⇒ 長七のコル ⇒ 長七の頭 ⇒ 長七のコル ⇒ 明神橋 ⇒ 山研
10:22     10:55   11:10~15   13:10  14:00

普段は単独で気ままな山歩きを楽しんでいるが、8月の合宿は日本山岳会が所有する上高地の山岳研究所(通称「山研」)を利用して2泊3日の合宿をしようという企画があり、いまだ宿泊所を利用していない私は興味深く思い、1泊2日で申し込みをした。
登山研究所といっても日本山岳会員のための宿泊施設で素泊まり3千円で宿泊できる。今回は団体申し込みで食事はメンバーの女性の方が準備してくださるということで、気楽に申し込みができた。
その後、2日目の11日(日)に長七の頭・ひょうたん池に有志のメンバーで行くという企画があり、これにも申し込んだ。ひょうたん池は2007年5月号の山と渓谷の上高地の特集に、次の記述がある。「一般向けの登山道ではないが、明神岳東陵上の長七の頭(2320m)上にあるひょうたん池までは踏み跡がある。とりたてて景観が美しい場所とは言えないが、ひょうたん池や下又白谷上部のようすはほかの登山道から見ることができないので、あまり知られていない場所だ。また、赤布やテープの目印を追い踏み跡をたどるため、秘境気分が味わえるところも魅力だろう。」
印象的で5月号を保存していたこの場所に行けるということは何よりの楽しみになった。

ガイド役の山田君は、前日仕事を終え、朝1番のバスで山研に到着した。私は、申し訳ない気持ちより、これでひょうたん池に行けるというわくわくした気持ちが勝っていた。
予定の7時より10分早い6時50分に山田君、神山さん、私は山研を出発した。7時半には明神橋に到着していよいよ下宮川谷の道に入った。アサギマダラが飛んでいた。あざやかなその模様はとても美しい。標準タイムの私は、早い2人に必死についていった。上宮川に入渓するあたりで、山田君に自分のペースで歩くように言われた。このままでは、ばててしまい、余計に他のメンバーに迷惑をかける結果になってしまう。私はほっとし、以後自分のペースで歩いた。当然、2人からは遅れるのだが、2人は私を待ち、私が到着するとまた歩き出した。
宮川尾根のコルを越え、明神主稜線東側の大きく開けた斜面をトラバースしていく。梓川を望む眼下はお花畑が広がっていた。上宮川、長七沢本流を渡り、急斜面を登りきり、明神岳東陵上に出るとその名のとおりの、ひょうたんの形をした池にたどり着いた。

(ひょうたん池)

(長七のコルより望む前穂 三本槍)
そこから2分ほどの長七のコルに荷物を置き、空身で長七の頭に向かった。長七の頭で記念撮影をして、長七のコルに戻ると下から男女2人がやってきた。これから4時間ほどかけて東稜のラクダのコルでテントを張るという。5月に山研から日帰りで同じルートで明神岳を回った山田君と2人の会話を聞きながら、登攀を自分には適性がないと諦めた私は羨ましく思った。
帰りも自分のペースで歩き、1時過ぎに明神橋に到着した。2時に山研に到着すると当日一緒に帰路に就く2人がすでに準備を済ませ待っていたので、急ぎ準備を済ませ、1泊2日の上高地の夏を終えた。よい仲間に恵まれれば、1人ではできない経験ができるということを改めて知ることができた2日間だった。

(長七の頭より望む上高地)

乗鞍岳 九蔵本谷

乗鞍岳の奥座敷である広大な千町ヶ原を源とするのが、九蔵本谷。

今年も日本山岳会岐阜支部と大垣山岳協会の方8名(年齢構成は50、60、70歳代)と一緒に、本谷約6㌔を遡行した。

昨年は支流の小俣谷へ入ったので、このグループとの遡行はこれで3回目になる。

青屋集落を過ぎて九蔵川沿いの林道に入り、森林管理署ゲート600mくらい手前に駐車。

林道を少し歩いてから、砂防堰堤上の広い河原へ入渓する。

数日前、林道上から偵察した時は雨のあとで水量が多く心配だったが、この日はちょうどいい加減に減水していた。

今回も両岸の木々の緑を写した美しい谷の澄み切った水と戯れながら、快適な遡行が楽しめた。

家族登山 伊吹山 8月4日

日時:8月4日
場所:伊吹山
8月例会、伊吹山「家族登山です。伊吹山は滋賀県と岐阜県の県境に位置する
標高1377mの自然豊かな山です。日本百名山の一つであり高山植物の宝庫として
知られてます。
会員7名、子供1名参加。西回りのコースからのんびり周回コースで歩いてきました。
花より団子・・・花の百名山を巡ることが今回の山行のテーマでしたが、メンバーの
足は心なしか昼食のことが頭に浮かび、歩く速さが若干早くなったようです。
昼食はソーセージに手羽先、ネギまなどなど通常の山行とはひと味違った盛りだくさん
な内容です。シートを広げのんびり昼食を食べる光景は通常の登山の昼食とは違い貴重な
高山植物の中でのお花見でした。
汗を流し頑張って登る登山とは一線を画するものですが、違う楽しみを「味わう」山行として
楽しいひとときです。景色よし、花よし、昼食よしの盛り沢山山行でした。

古田 大

2月バリエーション山行 伊 吹 山 ( 1377.3m 一等三角点 )- 上平寺ルート

厳冬期の伊吹山を人気(ひとけ)のない上平寺からのルートで登頂を目指す! という山屋らしい山行を計画したはずだったのだが……。まれにみる暖冬で、ラッセルの心配どころか雪の上を歩けるのか?という心配をしながら当日を迎えた。
過去に登った時は集落から全てワカンを装着していたのだが、今回は雪の無い夏道のスタートとなった。おかげで上平寺城の城郭まで見ることができて、ある意味新鮮な山行序盤であった。
城址を過ぎる頃に登山道に雪が付き始め、そろそろルートファインディングが楽しめる頃かと思いきや……。弥高尾根の分岐手前からは明瞭なトレースが付けられていて、山頂直下の急斜面以外はさして難しいところも無く、拍子抜けのまま予想以上に早く山頂に着いてしまった。
とはいえ、道中では装備品の装着や使い方、ルート取り、トレースの付け方などの雪山技術のワンポイントアドバイスをしながら中身の濃い山行になったのは良かった。けれど、やはりもっと緊張感のある山行をしたかったです。                      [山田昌孝 記]

[日 時] 平成31年2月3日(日) (薄曇り)
[場 所] 滋賀県米原市上平寺、弥高、上野
[参加者] 山田昌孝(CL)、山本善貴(SL)、梅田直美、神山敬三、小林和雄、竹中美幸、日置文夫、久田宗昌                 計8名
[タイム] 上平寺集落出発地点6:15-弥高尾根分岐8:00-伊吹山10:40~11:20-弥高尾根分岐12:45-上平寺集落車13:50(解散)
[地 図] 関ケ原(岐阜12-2) 、美束(同12-1)

1月バリエーション山行(雪山山行) 野(の) 田(だ) ヶ 大(た) 和(わ) ・ 西 峰( 1160m 三角点なし )

26日午後、道の駅「清流の里しろとり」に集合後、油坂駐車場裏手にてイグルー作りに励むも時間切れで完成には至らず。最終的にはテント泊とした。
27日5時起床、雪は止んでいた。朝食、テント撤収。一晩で15cm程度の降雪があった。5時45分、駐車場にて今峰さんと合流、歩き出す。
歩き出しは藪が出てきて歩きにくい。カモシカやウサギの足跡が多い。7時07分、幻想的なご来光を仰ぐ。交代ラッセルで進むが、途中何度も藪のトラップに胸まで潜り、脱出に苦労した。
2本の小休憩を挟み、予想以上に速いペースで野田ヶ大和西峰に到着。別山と白山が辛うじて確認できた。下りの雪庇街道では胸までの深さのラッセルを楽しむ。下りは小さな枝尾根に引き込まれないように慎重にルートを見極めながら進む。途中、三角点を11時35分に通過。雪の深さがピッケル一本以上あったので三角点の掘り出しは断念した。途中、数カ所ルートテープを確認出来たが、このルートの下山には慎重なルートファインディングが必要である。
国道158号線には13時30分に出た。雪が溶けてべちゃべちゃな国道を約1時間歩いて駐車場に14時30分着。ここで解散した。今回のルートは、もう少し積雪量があれば楽勝かも知れないが、今回のような中途半端な積雪量では非常に疲れた。今回の4人は、雪山でのテント泊、ルーファン、ラッセルにも慣れており、最高のメンバーでした。            [矢口重治 記]
[日 時] 平成31年1月26日(土)~ 27日(日) (雪 後 晴れ)
[場 所] 郡上市白鳥町 越美国境山系
[参加者] 鈴木寛人(CL)、東明 裕(SL)、矢口重治(以上前夜泊)、今峰正利(当日参加)
[タイム] 27日 起床5:00~今峰氏合流5:45~出発6:00-野田ヶ大和西峰9:55-国道158号13:30-油坂泊地14:30(解散)
[地 図] 白鳥(岐阜1-4 )

11月例会山行(第1回 山城シリーズ) 鎌 刃 城 址 ~ 向 山( 659.9m 三等三角点 )

山城(砦)シリーズ第一弾は、一昨年「続日本百名城」の指定を受けた鎌刃城で、中山道(当時は東山道)69次の宿場「番場」の宿近く、標高384mにある典型的な山城である。この城の築城時期など不明なところは多いが、応仁の乱の頃には築城されていたようで、城主はこの地の豪族の堀氏であった。戦国時代には北近江の京極氏と南近江の六角氏、浅井氏と織田信長の戦乱の地となり、さらに秀吉なども登場する争奪の場でもあった要衝の地である。
米原ICを過ぎ旧中山道は番場の宿に入る、間もなく鎌刃城の道標に従って名神高速道路脇の空き地に駐車。登山スタイルに身形を整え、高速道路の下をくぐって鎌刃城大手口の案内標識から入る。左右には竹藪が茂り、やや暗い道だがよく整備されていて問題はない。20分も歩くと蓮華寺からのルートと出会い、尾根を進むようになりいくらか見通しもよくなる。
前方に小高い台地が見えてくれば目指す鎌刃城址だ。まず北端を防御する重要な役割があったとされる土塁の跡、その先には僅かに残った野面積みの石垣などを見て本丸へ進む。平成10年の本格的な発掘作業で御殿の礎石や多くの陶器・鉄釘などの発見があり、近江の北と南の警護に重要な役割を果たした城であったことが再認識された。
仮設の櫓のある副郭で展望を満喫し休憩の後、連続する竪堀群を抜けいよいよ主郭へ進む。まず多くの石垣が残る虎口から入る。見事な石塁である。ここには大きな櫓などもあったようで、広い台地になって石碑や説明板などもある。もう少し木立が少ないと琵琶湖、秀吉の長浜や浅井氏の居城跡の小谷山なども展望できるのだが。主郭から幾つかの曲輪や土塁・堀切などを抜け尾根上に進んだのち、いったん下って城の水源である「清流の滝」を確認する。城まではおおよそ700mの距離、当時は竹などで水を確保していたのではあるまいか。
ここから少し登り返し車道に出て15分ほど歩き、もう一つの目的地「向山」へ向かう。登山口から山頂まで道はないが、幸い藪がないので約1時間で全員「向山」に着くことが出来た。琵琶湖や米原一帯に広がる展望を満喫、長いランチタイムを楽しんだ。復路は城址の裾を巻くように下山。予定時間が早かったので帰路、信長や秀吉などが通り、のちに弘法大師の逸話が残る中山道沿いの「摺針峠」に立ち寄った。              [藤井法道 記]

[日 時] 平成30年11月11日(日) (晴れ)
[場 所] 滋賀県米原市番場
[参加者] 藤井法道(L)、後藤 允、杉山美智子、武田幸男、竹中美幸、久田宗昌                計6名
[タイム] 美濃国分寺7:00=米原市番場登山口8:00-蓮華寺分岐8:20-鎌刃城址8:50~9:30-清龍滝9:50~10:10-林道登山口10:30-向山11:30~12:20-鎌刃城址林道入口 13:10~13:20-鎌刃城址巻道―登山口14:20~14:30=中山道摺針峠14:50~15:05=米原=美濃国分寺16:00(解散)              [地 図] 彦根東部(名古屋9-3)

11月バリエーション山行(県外山行、陀羅佛小屋シリーズ) 虫 倉 山 ( 1378m 三角点なし )

毎年恒例の大町、陀羅佛小屋を利用するシリーズ登山です。山岳ガイドの村松さんに選んでいただいた美しい北信の山を訪う1泊2日の山行旅行です。当日は16時に長野県大町のスーパーで村松さん、水谷さんと合流。宴会の買い出しを行い、陀羅佛小屋に向かいます。山行より宴会がメインとも言われる本シリーズ、女性2人が料理に腕を振るい、男衆は酩酊しながら山談義で盛り上がったのでした。
翌日早朝、小屋より5分登った展望地から鹿島槍ヶ岳のモルゲンロートが楽しめました。鹿島槍には薄っすらと雪が積もっており、冬の訪れを感じさせられました。岐阜の天気は下り坂のようでしたが、長野はとても良い天気にめぐまれました。
8時に小屋を出発。虫倉山は大町から更に1時間ほど長野市方面へ北上しなければなりません。途中通過する小川村は「日本でもっとも美しい村連合」の一村。走り抜けるオリンピック街道からの景観も楽しめました。車窓から虫倉山を眺めることができ、山頂部が切り立った崖のように盛り上がる特徴的な山容を見て取ることができました。
大滝登山口に車を止め、猿すべりコースまで連絡路を進みました。登り口に到着すると逆光に映える紅葉がとても美しく、疲れを吹き飛ばしてくれます。紅葉の季節はほぼ終わっていると聞いていましたが、まだまだとてもきれいで、紅葉を撮る写真山行ともなりました。
猿すべりコースは岩場の急登を進みます。鎖場が数多く有り、中々スリルがあります。その上落葉が登山道を覆っているため滑りやすく、緊張の山行が続きました。途中の岩場で女性メンバーが足を滑らすも、竹中さんの猛烈なハグで転落を免れました。救助かセクハラかのギリギリの線を分けるアクションであったものの、ファインセーブに拍手喝采。
急峻な岩場もありましたが、さしたる問題もなく虫倉山に到着。山頂からの眺めは素晴らしく、北信五岳・後立山連峰がきれいに見えました。虫倉山より西方向に5分ほど下ると展望台「一服むしくら」に到着。そこでランチの予定でしたが、昨晩の宴会と重たい朝食の後では全員食欲がわかず、コーヒーと軽食でゆっくりと時間を過ごし、下山にかかったのでした。
下山は大滝コース。このコースは難所なく、緩やかな傾斜の登山道を下ります。下るに連れて紅葉の赤が目を楽しませてくれました。下山後、道の駅「中条」でお買い物。村松さんは大町へ、水谷さんは上州の山へ向かうとのことでここで解散、長野インターから帰りました。
虫倉山、岐阜の人間では長野の山の中でおそらくチョイスに上がらないでしょう。しかし流石にガイドおすすめの山、山行・景観・紅葉と楽しみどころ盛りだくさんでした。しかし、宴会と朝食のカロリーを消費することはとても不可能で、体重を増やして帰宅した山行となりました。                               [東明 裕 記]

[日 時] 平成30年11月3日(土)~4日(日) (晴れ)
[場 所] 陀羅佛小屋;長野県大町市平  虫倉山;長野県長野市中条
[参加者] 村松哲彦(L)、今峰正利、杉山美智子、竹中佳美、東明 裕、長屋桂子、水谷 透、横田昭夫       計8名
[タイム]
3日 中濃総合庁舎12:00=「ザ・ビッグ大町店」16:00=陀羅佛小屋(泊)
4日 陀羅佛小屋8:00=不動滝コース登山口9:00―連絡路-猿すべりコース登山口9:30虫倉山10:45~11:30-不動滝コース登山口12:45―道の駅「中条」13:00(解散)
[地 図] 信濃中条(長野13-3)

10月バリエーション山行(ゆっくり山行) 百 々 ヶ 峰 ( 417.9m 三等三角点 )

猛暑の記憶も何処へやら、一気に秋らしくなった気持ちの良い一日です。ゆっくり山行も今日で5回目。今回の特徴は一般参加者が6名だったことです。
途中には第2回に講師として来ていただいた蘭の研究者、市橋先生がいっとき合流され、質問の時間が持てました。恒例になった東屋での歌声を、合唱団メンバーの方々が盛り上げてくださいました。和やかな楽しい山歩きが出来たと思います。       [杉山美智子 記]

[日 時] 平成30年10月18日(木) (晴れ)
[場 所] 岐阜市長良・三田洞 ながらふれあいの森
[参加者] 杉山美智子(CL)、神山敬三(SL)、大脇美代、小島孝子、下畑佐和子、長屋桂子、林 靖子、早田道治、日置文夫、藤田純江、馬渕 等、ほか6名   計17名
[タイム] 三田洞駐車場9:10-三田洞展望広場9:50~10:00-真福寺山(西峰)10:30~10:35-反射板10:40~11:00-百々ヶ峰11:30~11:40―林道トイレ下東屋11:50~12:45-北西尾根テーブル13:00~13:25―北西尾根東屋13:40~14:20―車止14:40(解散)
[地 図] 岐阜北部(岐阜4-3)

オリンポス山 ( ギリシャの最高峰 2912m )

註 最も高いピークはミティカス(2917m)だが、参加者の技術・体力を考慮し、次に高いスコーリオ・ピーク(2912m)にアタックした。

6月8日(金)中部国際空港を出発。成田経由でカタール航空機でカタールの首都ドーハへ向かう。成田~ドーハ間、約10時間。機内泊   [竹中佳美 記]

6月9日(土)日付が変わって、夜明け前にドーハ着。航空機を乗り換えテッサロニキ空港に到着、専用バスにてリシロホに向かう。高速道路を4時間走り、夕方山麓のホテルに到着。さっそく街を散策した。   [竹中佳美 記]

6月10日(日)バスにて1時間ほどで登山口のプレオニア(1500m)に到着。馬が数頭休息しており、山小屋へ荷物を運ぶ専用馬とのことであった。
登山開始前のミーティングを行い、登山開始。緑輝く樹林帯から谷沿いをゆっくり景色を見ながら高度を上げると、エーゲ海も見え出す。2時間ほどで樹林帯を抜け九十九折りの登りが始まると、徐々に隊列も乱れ始めた。雪渓を通過し山小屋が見え始める頃に小雨が降り出す。けれど、4時間少々で全員無事にスピリオ・アガピスト小屋(2100m)に到着。
国立公園内の山小屋で、造りも強固で清潔。女主人のマリアさんの出迎えを受け、各自夕食をいただき早めに就寝した。 [竹中佳美 記]
[タイム]プレオニア登山口10:00-休憩2回-アガピスト小屋14:20

6月11日(月)いよいよオリンポス登頂の日である。山小屋から見上げるオリンポスは青空をバックに頂稜を輝かせている。
今日は長丁場となるので、タイムリミットを14時半として歩き始める。まずは10分ほど下り、小さな雪渓の末端を横切る。やがて樹林帯を抜けると低木帯になり、色とりどりの花が見られるようになる。尾根上に出るとお花畑が広がっている。ここからはガラガラの登山道がジグザグに続き、谷を挟んだ向かい側に見えるなだらかな尾根には雪も残っている。正面に岩壁が顔を出すと、カール最下部の喉の部分に出る。眼前に広がるカールの最高点がオリンポス山のスコーリオ・ピーク(2912m)だ。
カールの縁に続くガラガラの登山道は急で、すぐそこに見える所でも意外に時間がかかる。ここが一番辛い箇所かも知れない。右上の岩場にカモシカが数匹現れ、単調な登りを少しは癒してくれる。スカラ・ポイント(2866m)とスコーリオ・ピークの分岐まで来ると、オリンポス山の最高峰であるミティカス・ピーク(2917m)が望めるようになった。
スカラ・ポイントへの道に入ると下山する人々と出会うようになった。その中でヘルメット姿の人はミティカス・ピークを目指した人のようだ。多くの現地の人は登頂後下山し、そのまま自宅まで帰るようである。スカラ・ポイントに着くと、ミティカス・ピークが眼前に聳え、山頂に立つ人の姿も見える。スカラ・ポイントからはようやく稜線のなだらかな道となり、30分ほどでスコーリオ・ピークに着く。コンクリートの標柱が立っているだけである。ここで昼食を摂るが、意外に風が強く肌寒い。
下山はスカラ・ポイントを経ず、カールの中のトラバース道を下る。下りは早いもので、あっという間にカールの喉に着いた。しばらく下ると樹林帯の中に山小屋が見え、タイムリミットの14時半には山小屋がすぐそこにあった。    [水谷 透 記]
[タイム]山小屋7:40-尾根(お花畑)8:30-カール喉9:30-スカラ・ポイント11:05-スコーリオ・ピーク11:40~12:25-トラバース合流点13:00-カール喉13:30-山小屋14:55

6月12日(火)今日はアガピスト小屋からの下山です。エーゲ海を眺めながらオリンポス山との別れを惜しみ、ゆっくり下りました。登っていく多くの登山者との挨拶も弾み、3時間10汾でプレオニア登山口に到着、久しぶりにレストランで食事をしました。
バスで3時間ほどかけて南の方角にあるカラバンカの街へ移動しました。突然目の前にメテオラの巨大岩峰群が見え、全員歓声を上げ感動しました。ホテルに到着後は街を散策しつつ、夕食はレストランで酒類と豊富なギリシャ料理をいただきました。   [藤田澄江 記]
[タイム]アガピスト小屋7:30-プレオニア登山口10:40

6月13日(水)今日は世界遺産のメテオラ観光です。ホテルから歩いて巨大岩を周り、40分かけて快適な石段を登りメガロ・メデオロン修道院に着きました。そこで16世紀の建物や博物館、80mほどある人工荷下ろし索道などを見学しましたが、車やバスでも観光客が来ていました。 その後、遥か前方下にあるルサヌ修道院を目指し、炎天下の中舗装道路を1時間ほど下りましたが、到着したら休館でした。登山道に入ると道中カラバンカの街並みが展望でき、巨大石群と修道院が多くあり、その景色に圧倒されました。猛暑の中を1時間半ほど登り、アギア・トリアダ修道院に到着。見学後10分ほどの登りでバスに乗り込みホテルに到着しましたが、直射日光が強く、暑さにヘトヘトでした。          [藤田澄江 記]
6月14日(木)今日は旅の最後の日で、バスでアテネに向かいました。道中オリーブ畑が一面にあり、アテネに近づくにつれ左側にエーゲ海が望めました。3時間ほどでアテネに到着、通訳のマレリナさんを乗せて、市内観光にスタートしました。
最初に街の中心にあるアテネ遺跡、アクロポリスの丘に案内していただきました。石段を登り、パルテノン神殿をはじめイロド・アティコス音楽堂、アテナ・ニケ神殿、ブレーの門、エレクティオン、ティオニソス劇場などを見学しました。パルテノン神殿はアテネの守り神、アテナ女神にささげられた神殿ということでした。
その後歩いてアクロポリスの丘の東側へ周り、オリンポス十二神の最高神であるゼウスに捧げられたゼウス神殿、1896年に第1回を開催し108年後の2004年にも第28回を開催したオリンピックスタジアムを見学しました。シンタグマ広場では、国会議事堂の前で衛兵の交代式を見ることが出来ました。
最後の楽しい夕食をした後、アテネ空港からドーハを経由して、15日全員無事に羽田空港に帰着しました。   [藤田澄江 記]

[参加者] 小島孝子、篠田喜美子、清水友子、下畑佐和子、竹中佳美、林 靖子、日置文夫藤井法道、藤田純江、水谷 透、山田昌教、ほか3名  計14名