会員ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

1月例会 池田山 923.9m 30年1月14日(日)

1月例会 池田山 923.9m 

平成30年1月14日 池田山Aチーム(縦走)

 

参加者 竹中(美)、梅田、神山、小林、刈谷、山田、小室、田中、久田(敬称略)(9人)

 

6:45池田温泉 7:40青羅公園 8:10東屋 8:40尾根分岐 11:00池田山駐車場

11:40山頂 12:10下山開始 15:10下山(鉄塔)

 

前日まで寒波が到来しており、天候が懸念されていたが、幸い朝から快晴となった。今回の山行は池田山を南北に縦走しようというものである。6時45分に池田温泉道の駅に集合した。車に乗り合わせ7時40分に青羅公園に到着して登山を開始する。

雪はまだ10㎝以下でつぼ足で登っていく。始めは公園の階段に沿って登り、最初の東屋へ到着した。ここから先はルートを探しながらの登りとなる。メンバー全員で先頭を交代しながら登って行く。途中、池田山へ向かう北への尾根筋が分かりにくく、東へ延びる尾根に足を踏み入れてしまう。すぐに気づき分岐まで戻ったが、現在位置を常に確認しながら登ることの大切さを改めて学んだ。

尾根の登りが続き、息が上がり暑くなってくる。風がなく穏やかな日和である。標高600~700m程度の所で雪が多くなってきたため、ワカンを装着する。高度をどんどんと上げて行くと、進行方向の左手に伊吹山、右手に御嶽、乗鞍、南アルプスと壮大な景色が広がる。

11:00に池田山直下の駐車場へ到着する。周回コースを取るBチームのトレースが無いようなので、まだ来ていないのだろうかと話合う。最後の斜面を登り切ると山頂へ到着した。

展望台の上に登り昼食の準備をしていると、Bチームが到着。皆で記念撮影。

Aチームは先が長いため、昼食もそこそこに下山開始とした。北側のためか雪は山頂よりも多い。新入会員で最年少の田中さんが先頭である。雪山は初めてとのことであったが、地図を片手に適確にルートファインディングし、メンバーを唸らせた。尾根筋を下るため、何度も林道を横切る。すると、こんな雪の中バイクでツーリングする若い男性が現れる。こんな雪の中珍しいと言って、皆で声をかける。登山とバイクという全く別分野であるが、山好きは一緒のようであり、しばらく談笑した。

北側の尾根は急な箇所が多く、しかも着雪が少ない斜面も多いため、下りは手を焼いた。15:10ようやく下山。デポされた車に分乗して池田温泉まで戻る。

 

山行記録(縦走) 久田

海外山行 雪山登山報告

台湾第二の高峰 雪山3886m登頂   

海外山行 日本山岳会 岐阜支部

 

 

日 時: 2017年11月13日(月)~11月18日(土)

参加者:佐藤正雄、藤井法道、三宅一正、山田昌孝、藤田澄江、清水友子、竹中佳美

、林 靖子 日置文夫(新会友) 合計9名

(西遊旅行大阪支社・ガイド 城戸 和広と現地ガイド2名引率)

 

登山  1 日目、武陵の登山口15:18分出発 ~ シチカ山荘16時42着、シチカ山荘泊。

2 日目, シチカ山荘  5:00分出発、~ 雪山東峰(3.201m)8:57分着

三六九山荘10:45分出発  ~ 雪山頂上14:10分 到着

雪山頂上14:50分出発 ~ 三六九山荘16:30分着、

(Tさんは、3.800m付近で予定時間となり山小屋へ引き返した。Hさんは根性で登頂し、無事山荘へ到着、) 山荘泊

3日目 三六九山荘6:45分出発、ゆったりと雄大な景色を眺め楽しい会話も弾むシチカ山荘10:20分着  分武陵の雪山登山口11:05分着

<1日目 11/13(月)>晴れ

中部国際空港から、9人が集合し約4時間で台湾の桃園国際空港に到着。

専用バスで台湾東部の雪山登山口近くの礁渓温泉のホテルに宿泊。

このホテルは温泉があり、水着必着で数名入浴。

夕食は、鳥の丸焼き料理で日本のチキン料理とは異なり、歯ごたえがあり美味しくいただきました。

 

<2日目 11/14(火)>晴れ 午後頂上手前でぱらと小雨

朝はゆっくりめに専用バスで出発し、昼食後登山口のある武陵農場へ向かいました。

登山管理センターで登山ガイドさんとポータさんに合流し、登山注意事項のビデオを鑑賞後、小雨の中を登山開始しました。

登山道はしっかり整備されとても歩きやすく、1時間強でシチカ山荘に到着した。

夕食は、同行の専任シェフが、品数多数の料理を作ってくれました。

 

<3日目 11/15(水)>

起床4時、朝食を頂き、ヘッドランプを点けて登山開始。

夜が明け始めると、中央尖山(3705m)や南湖大山(3536m)を展望する事ができ、今度はあの山へいきたいなあ~と、皆溜息まじりに話しました。

展望台で休憩し、その後雪山東峰(3201m)に全員揃って登頂しました。PB150259

この雪山東峰には、日本の四国小豆島から運んだ三角点があり、皆で集合写真を撮りしばし休憩しました。その後、30分程度で本日の宿泊所である三六九山荘に到着した。

ここで、昼食を取り、2人は山荘付近をゆっくりトレッキングを楽しむとの事。

7人は雪山頂上目指した、山荘上3300m付近に多くの枯れ木が真白に聳えて美しく輝いていた.ジグザグそしてアツプダウンの登山道3400mを過ぎても樹林帯である、カール谷の入口で雪山の山頂を眺める事が出来た。

PB150262

この場所の事を現地ガイドさんは、「天国の広場」と表現していました。

カール谷上部小雨3800m付近は、空気も薄く歩く速度も落ちた、厳しい寒さの中、やっとの思いで14時頃5人登頂、感激を味わい写真撮影、続いて根性で1人登頂。

下山14時50分ごろ開始、頂上付近は石も多く慎重に下りた、速十三六九山荘に16時30分到着。

長時間にわたるアツプダウンの多い登山でしたが、全員無事に下山できた事に感謝して、早めに就寝しました。

 

<4日目 11/16(木)>

早めに起床し、朝食後下山開始しました。

途中、2、3回の休憩のみで登山管理センターまで5時間強で一気に下山しました。

ここで、登山ガイドさんとポータさんに別れ、専用バスで寺や土産物屋のある南村に立ち寄り、台北のホテルへ向かいました。

夕食は、日本でも有名な鼎泰豐の小籠包を、1時間待ちが普通のところ待ち時間無しで腹いっぱいいただきました。

手配していただいた、ガイドさんに感謝です。

 

<5日目 11/17(金)>

ホテルを早朝に出発し、松山国際空港から国内線で台湾海峡の西に位置する金門島へ向かいました。

金門島は、台湾本土から約270km離れているのに、中国厦門(アモイ)までは約10kmほどの近さです。

現地ガイドさんと合流し、馬山観測所へ行きここでマイクを通して、住民に呼びかけしたテレサテンの面影に浸りました。

地下坑道があり戦争の痛ましさが蘇って来ました。

続いて、山后民族文化村で、金門島出身の王氏が故郷の為に建てた18棟を見学しました。

その後、フェリで小金門島へ渡りました。

真夏のような暑さで汗がダラダラ出てきた中、九宮坑道を見学しました。

船がこの坑道内で武器や食料を調達したり、船を隠したりした場所だそうで、坑道とは思えない程の広さでした。

その後、上海海灘へ行きましたが、ここからは厦門(アモイ)の高層ビルが真近かでした。

海岸には、レールを切断しコンクリートで固め海岸に固定して防衛柵にしてあり、それが海岸に長く設置してありました。

初めて見る防衛柵であり、驚きと共に戦争の恐ろしさを感じずにはいられません。

次に地雷の展示施設を見学しました。現在でもいくつかは地雷がまだ埋まっているそうです。

つくづく平和な日本に生まれて良かったと感じずにはおられませんでした。

この様なマイナーな観光が出来た事に感謝です。

 

<6日目 11/3(土)>

旅行最終日で、昼までは各自自由となった。

2、3人毎でそれぞれ昼まで行動し、台湾桃園国際空港へ向かいました。

ガイドさんが出発口まで、見送りしてくれこの旅行が充実した事に感謝しました。

名古屋国際空港に19時過ぎに到着し解参しました。

この登山旅行に感動し、参加出来た事に感謝します。

 

[林  靖子 記]

 

第12回権現の森林づくり報告

第12回権現の森林づくり報告

 

平成29年度 第12回権現の森づくり報告(日本山岳会岐阜支部)

(通算211回)

支部長 高木基揚    記録者 竹中佳美

平成29年11月 12日(日) 天候 快晴 18度C

参加者—— 岡田清・藤井法・神山敬・浅野勝・竹中佳・竹中な 6名

近況報告

  1. 林道の途中の道路整備を業者さんが施工していた。
  2. 登山客も3パーテイ5人程見掛け紅葉が素敵でしたと挨拶をして行かれた。
  3. 昨年植林した苗木が目立った獣害も無く順調に育って来た。

作業報告

  • 昨年第二道具小屋に植え付けしたドングリの苗が15cm程伸び葉が枯れ落ちたので子ネズミ侵入防止金網を外し苗床に移植した。
  • 防獣ネットの枯れ葉の除去と点検、目立つて大きな穴はなかった。
  • 枯れ木の伐採と倒木の整理作業。
  • のぼりの撤収、草刈り機の整備作業。
  • 第一道具小屋の整備と鉈等の第二小屋へ運搬。

「昼食はキムチ鍋とおでん料理で今年の労を癒した。」

来年の作業予定日 平成30年4.月 中句の予定です ふじはし道の駅7時30分出発

作業予定

小屋開き。登山道の整備、防獣ネツトの整備

来年も(喜働)宜しくご協力をお願いします,ありがとう御座いました。

権現森づくり 事務局 竹中 佳美 090-1563-9646

副  神山 敬三 090-4210-9371

第12回権現の森 第12回権現写真

 

新入会員研修会 29年10月28日(土)

新入会員研修会 29年10月28日(土) 午後2時から5時

場所 岐阜駅ハートフルスクエアー 研修室30

参加費 500円

高木、堀、今峰、藤井、竹中美、山本

新入会員16名(林、小林、山田、梅田、野田、小室、古田、飯田、高橋、塩入、下畑、東明、苅谷、小島、清水、松原)中

参加者8名(山田、梅田、野田、塩入、東明、苅谷、小島、清水)

カリキュラム

1.支部長挨拶

2.出席者自己紹介

3.日本山岳会及び岐阜支部の歴史

img355 img356

4.日本山岳会及び岐阜支部の組織、規約等

5.地図の見方に付いて

img357 img358 img359 img360

6.会の山行や活動について

7.各人の山行経歴について

8.自由討議

 

二次会は6時から8時「わだつみ岐阜 海神」で行われました。

参加者 今峰、竹中美、山本、山本、梅田、東明、塩入、苅谷、小島、古田

 

 

11月例会 蠅帽子嶺 11月12日(日)

11月例会 蠅帽子嶺

11月12日(日) 晴れ

参加者 山本、竹中美、水谷、苅谷、那須、古田、田中

 

道の駅織部に6時集合し、那須さん、苅谷さんの車に7名分乗して出発。

温見峠までの国道(酷道)を緊張しながら登山口駐車場に着く。

CLは先日渡渉の具合を下見して、ロープを張り準備しておいた。

河原の広場に1台の車とテントがありました。

私が張っておいたロープを利用して先行したのか?

遠くで、猿が甲高く鳴き、警戒しているようでした。

先日より水量は減っているようだが、流れは早い。

ウエダーを2本用意してきたので、1人づつウエダーを履き替え、手渡しを繰り返し、25分くらいかかった。

全員濡れることなく、渡渉できました。

3回目の蠅帽子だが、登山道はわかりづらく、歩きにくくなっていました。

トラバース状の道なので、濡れていて滑りやすく、転倒者もあったがけがはなかった。

紅葉は素晴らしく、気持ちがよかった。

尾根の突き当りの根上がり桧でためらうが、水谷さんの助言で、トラバース道を峠方面に進む。

崩落した道を慎重に、木の根元を掴みながら進んだ。

本当に道なのかと不安がるメンバーも峠に着くと大満足。

峠の地蔵様に感謝と安全祈願をしました。

DSCF2135

集合写真を撮り、尾根を進んで山頂に着く。

グーグルアースで確認したという竹中さんのとおり、山頂は前よりも広くなっていました。

DSCF2142

食事後は下山ポイントまで戻り、激下りするが、ルートを外して大失態しました。

修正を繰り返しながらルート復帰を試みるも戻ることができず、メンバーから登り返そうという意見で、少しの登り返しで尾根に合流しました。

その尾根を下り、登ってきたルートに合流、あとは外さないように確認しながら下山しました。

乳くれ地蔵さんに感謝。

DSCF2159

最後の渡渉も無事に終えたときに、朝の車は無くなっていました。

登山中は会わなかったし、不思議である。

帰りの国道走行も対向車などを無事クリアして道の駅で解散しました。

今回の山行では、CLとして大いに反省する点がありました。

ルートを外した時点で、早く気づかなかったこと、間違えた地点に戻らなかったこと。

下りながらルートに復帰することは無理だということを学んだ。

全員が技量があり、体力もあったため事故にならずに済んでよかった。

ハイキングの山でない限り、何度登った経験があろうとも、慎重さが必要だ。

解散時には渡渉でのお礼までいただいてしまって、申し訳ない限りでした。

写真は後日掲載します。

CL担当 山本