会員ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

8月上高地山研合宿 長七の頭・ひょうたん池 8月11日(日) 

8月合宿 長七の頭・ひょうたん池
8月11日(日)

山研   ⇒ 明神橋 ⇒ 上宮川入渓 ⇒ お花畑 ⇒  ひょうたん池
6:50     7:30   9:00     10:00      10:20

⇒ 長七のコル ⇒ 長七の頭 ⇒ 長七のコル ⇒ 明神橋 ⇒ 山研
10:22     10:55   11:10~15   13:10  14:00

普段は単独で気ままな山歩きを楽しんでいるが、8月の合宿は日本山岳会が所有する上高地の山岳研究所(通称「山研」)を利用して2泊3日の合宿をしようという企画があり、いまだ宿泊所を利用していない私は興味深く思い、1泊2日で申し込みをした。
登山研究所といっても日本山岳会員のための宿泊施設で素泊まり3千円で宿泊できる。今回は団体申し込みで食事はメンバーの女性の方が準備してくださるということで、気楽に申し込みができた。
その後、2日目の11日(日)に長七の頭・ひょうたん池に有志のメンバーで行くという企画があり、これにも申し込んだ。ひょうたん池は2007年5月号の山と渓谷の上高地の特集に、次の記述がある。「一般向けの登山道ではないが、明神岳東陵上の長七の頭(2320m)上にあるひょうたん池までは踏み跡がある。とりたてて景観が美しい場所とは言えないが、ひょうたん池や下又白谷上部のようすはほかの登山道から見ることができないので、あまり知られていない場所だ。また、赤布やテープの目印を追い踏み跡をたどるため、秘境気分が味わえるところも魅力だろう。」
印象的で5月号を保存していたこの場所に行けるということは何よりの楽しみになった。

ガイド役の山田君は、前日仕事を終え、朝1番のバスで山研に到着した。私は、申し訳ない気持ちより、これでひょうたん池に行けるというわくわくした気持ちが勝っていた。
予定の7時より10分早い6時50分に山田君、神山さん、私は山研を出発した。7時半には明神橋に到着していよいよ下宮川谷の道に入った。アサギマダラが飛んでいた。あざやかなその模様はとても美しい。標準タイムの私は、早い2人に必死についていった。上宮川に入渓するあたりで、山田君に自分のペースで歩くように言われた。このままでは、ばててしまい、余計に他のメンバーに迷惑をかける結果になってしまう。私はほっとし、以後自分のペースで歩いた。当然、2人からは遅れるのだが、2人は私を待ち、私が到着するとまた歩き出した。
宮川尾根のコルを越え、明神主稜線東側の大きく開けた斜面をトラバースしていく。梓川を望む眼下はお花畑が広がっていた。上宮川、長七沢本流を渡り、急斜面を登りきり、明神岳東陵上に出るとその名のとおりの、ひょうたんの形をした池にたどり着いた。

(ひょうたん池)

(長七のコルより望む前穂 三本槍)
そこから2分ほどの長七のコルに荷物を置き、空身で長七の頭に向かった。長七の頭で記念撮影をして、長七のコルに戻ると下から男女2人がやってきた。これから4時間ほどかけて東稜のラクダのコルでテントを張るという。5月に山研から日帰りで同じルートで明神岳を回った山田君と2人の会話を聞きながら、登攀を自分には適性がないと諦めた私は羨ましく思った。
帰りも自分のペースで歩き、1時過ぎに明神橋に到着した。2時に山研に到着すると当日一緒に帰路に就く2人がすでに準備を済ませ待っていたので、急ぎ準備を済ませ、1泊2日の上高地の夏を終えた。よい仲間に恵まれれば、1人ではできない経験ができるということを改めて知ることができた2日間だった。

(長七の頭より望む上高地)

乗鞍岳 九蔵本谷

乗鞍岳の奥座敷である広大な千町ヶ原を源とするのが、九蔵本谷。

今年も日本山岳会岐阜支部と大垣山岳協会の方8名(年齢構成は50、60、70歳代)と一緒に、本谷約6㌔を遡行した。

昨年は支流の小俣谷へ入ったので、このグループとの遡行はこれで3回目になる。

青屋集落を過ぎて九蔵川沿いの林道に入り、森林管理署ゲート600mくらい手前に駐車。

林道を少し歩いてから、砂防堰堤上の広い河原へ入渓する。

数日前、林道上から偵察した時は雨のあとで水量が多く心配だったが、この日はちょうどいい加減に減水していた。

今回も両岸の木々の緑を写した美しい谷の澄み切った水と戯れながら、快適な遡行が楽しめた。

家族登山 伊吹山 8月4日

日時:8月4日
場所:伊吹山
8月例会、伊吹山「家族登山です。伊吹山は滋賀県と岐阜県の県境に位置する
標高1377mの自然豊かな山です。日本百名山の一つであり高山植物の宝庫として
知られてます。
会員7名、子供1名参加。西回りのコースからのんびり周回コースで歩いてきました。
花より団子・・・花の百名山を巡ることが今回の山行のテーマでしたが、メンバーの
足は心なしか昼食のことが頭に浮かび、歩く速さが若干早くなったようです。
昼食はソーセージに手羽先、ネギまなどなど通常の山行とはひと味違った盛りだくさん
な内容です。シートを広げのんびり昼食を食べる光景は通常の登山の昼食とは違い貴重な
高山植物の中でのお花見でした。
汗を流し頑張って登る登山とは一線を画するものですが、違う楽しみを「味わう」山行として
楽しいひとときです。景色よし、花よし、昼食よしの盛り沢山山行でした。

古田 大

経過報告 小津権現山「私たち県民の森林づくり」

第8回 9月15日(土) 天気:小雨 参加者:JAC10名
揖斐森林組合の2名の方よりチェンソーの取り扱いと整備、服装に関する安全講習を受けた。当初は植栽地で計画していたが、先日の台風により林道の倒木が多く落石箇所もあり進入できないので、森林組合の倉庫で講習を受けた。また、近くの森林で梯子掛け、木登り安全ベルト使用、枝切りの実習を受けた。森づくり会員10名参加し、良い実習講習会だった。
林道は揖斐川町が修復予定で、情報が入り次第、この先の森林づくりの日程を計画します。

第9回 10月14日(日) 天気:晴れ 参加者:JAC4名
林道の倒木は撤去され、登山口まで車で行けるようになった。台風による被害は、防獣ネット外れ、倒木10本以上、看板の倒れ、簡易トイレの破壊、等であった。
防獣ネツトの修復、登山道を塞ぐ倒木の切断除去、登山道のステップ横木の修復、植樹予定地の下刈り及び目印板差し込み、等の作業を行った

第10回 10月28日(日) 天気:晴れ 参加者:JAC5名、ほか7名
権現登山口より500m先の林道拡張延長工事が始まった。
購入苗105本を植生地まで歩荷、購入苗60本と自前苗60本、合計120本の植樹、入口付近の防獣ネツトの修復作業等を行った。
10月30日14時から岐阜県揖斐農林事務所林業課の根崎様と現地で立ち合い、今年の拡張工事の説明を受け杣道の登山道について施工説明を受けた。

第11回 11月10日(土) 天気:晴れ 参加者:JAC6名
権現登山口より500m先で林道の延長工事に行われており、ダンプの往来に注意が必要。植栽地の紅葉も今年最後の様子である
8月の台風で倒壊した藤波谷入口の登山案内看板並びに植栽地合流部の案内看板の修復、植栽地のヒノキの倒木を径30cm程にチェンソーで切断、ドングリの自前苗35本と購入苗45本の植樹、登山道修復4ケ所、止め鉄筋棒杭と横木の取り換え、等の作業を行った。

第12回 11月18日(日) 天気:晴れ 参加者:JAC5名
引き続き林道の延長工事が行われている。植栽地は紅葉も終わり、木々の枯れも葉もすっかり落ちて冬支度となっていた。今年度最後の作業日で小屋じまいした。
作業報告と今年の作業の総括
1.植栽地の登山道、案内看板の修復及び塗装作業。(8月の台風で4ケ所倒壊)
2.植栽地の倒木を3本切断し、短冊にチェンソーで切断して整理。今年度は、大小合わせて14本程の倒木を切断処理した。
3.購入苗木25本を植樹。本年度は上の道具小屋の右上部100~200mへ植樹した。植樹の総苗木数は購入苗木105本、自前苗木95本で合計200本となった。
4.昼食後、上部ぬたば迄、防獣ネットの修復整備作業。
5.倒壊した簡易トイレの解体撤去作業。
6.小屋じまいの作業として、登り旗の撤去、道具小屋の整理整頓、刃物の点検、油塗り、道具数の確認、等。
7.下山中に登山道の修復を3ケ所、鉄筋棒杭と横木の取替を行う。
8.駐車場の看板を修復塗装して今年度の作業を終了した。
来年度送りとなった作業
1.旧道具小屋は古くなり使いづらく、又水漏れが目立つので改修したい。
2.倒れて他の木に寄り掛かって木がまだ2本残っているので、処理したい