リハビリ登山について

過報告
リハビリ登山について

1.取り組むこととなった経緯
昨年度(2016年度)、支部の会員が勤める会社の関連で、高齢者の体力づくりやリハビリのために登山を企画しているとの話しを聞き、山岳会としてそのサポートに是非取り組みたいと思いました。

当面は山行委員会で協力した上で逐次支部会員に紹介することとし、数回参加してきました。

岐阜市の百々ヶ峰、各務原市の権現山や明王山などです。

その成果にもとづき今年度の総会で提案し、支部の事業として取り組むことになった次第です。

形態は引き続き支援協力することですが、広く会員会友に呼びかけ、支援する者、リハビリ体力づくりを目指す者等を集め、支部活動の可能性を探り、支部の活性化を図ることを目指していきます。

2.これまでの活動報告

第1回 2月26日(日) 金華山(岐阜市内)
参加者 支部員3名、一般12名(脳梗塞後遺症者2名、下肢人工関節施術者2名、重度認知症1名、5才女児1名、含む)
岐阜公園より七曲りコースを登り、ロープウェイ山頂駅に至る。

支部員以外はロープウェイで下山し、公園にて昼食後解散。全員元気に歩き通した。

金華山

第2回 4月23日(日) 三井山(各務原市内)
参加者 支部員6名、支部員家族1名、一般13名(脳梗塞後遺症者2名、下肢人工関節施術者2名、重度認知症1名、含む)
三井山公園より新緑溢れる山道を山頂まで往復した。

山頂での展望が良く、白山の白さが際立っていた。全員元気に歩き通した。

三井山

第3回 5月28日(日) 木曽三川公園フラワーパーク江南(愛知県江南市内)
参加者 支部員5名、支部員家族1名、一般16名(脳梗塞後遺症者2名、下肢人工関節施術者2名、重度認知症1名、含む)
色々な花が咲き乱れる公園内を車椅子を併用し周回した。

途中で昼食をとり、支部員のフルート演奏に合わせ皆で合唱した。

フラワーパーク江南
3.今後の予定
実施日は毎月第4日曜日を基本とするが、猛暑の夏と極寒の冬の時期は体調を考慮して行いません。

次回は10月から再開の予定です。

協力可能な方は山行委員(神山敬三、後藤 允、竹中美幸、古田 大)まで申し出て下さい。

日取り、集合場所、コース等連絡します。

また、自身がサポートを必要とされる方、あるいは近親者や友人でそのような身体の方で参加を希望される方も受け入れたいと考えています。

通常の5~10倍という非常にゆっくりしたペースで歩きます。

まずは、どんな活動か、何をやっているのかを是非一度覗いてみて頂きたく思います。

現今の世情を潤す一端が垣間見えるはずです。