1月例会 池田山 923.9m 30年1月14日(日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

1月例会 池田山 923.9m 

平成30年1月14日 池田山Aチーム(縦走)

 

参加者 竹中(美)、梅田、神山、小林、刈谷、山田、小室、田中、久田(敬称略)(9人)

 

6:45池田温泉 7:40青羅公園 8:10東屋 8:40尾根分岐 11:00池田山駐車場

11:40山頂 12:10下山開始 15:10下山(鉄塔)

 

前日まで寒波が到来しており、天候が懸念されていたが、幸い朝から快晴となった。今回の山行は池田山を南北に縦走しようというものである。6時45分に池田温泉道の駅に集合した。車に乗り合わせ7時40分に青羅公園に到着して登山を開始する。

雪はまだ10㎝以下でつぼ足で登っていく。始めは公園の階段に沿って登り、最初の東屋へ到着した。ここから先はルートを探しながらの登りとなる。メンバー全員で先頭を交代しながら登って行く。途中、池田山へ向かう北への尾根筋が分かりにくく、東へ延びる尾根に足を踏み入れてしまう。すぐに気づき分岐まで戻ったが、現在位置を常に確認しながら登ることの大切さを改めて学んだ。

尾根の登りが続き、息が上がり暑くなってくる。風がなく穏やかな日和である。標高600~700m程度の所で雪が多くなってきたため、ワカンを装着する。高度をどんどんと上げて行くと、進行方向の左手に伊吹山、右手に御嶽、乗鞍、南アルプスと壮大な景色が広がる。

11:00に池田山直下の駐車場へ到着する。周回コースを取るBチームのトレースが無いようなので、まだ来ていないのだろうかと話合う。最後の斜面を登り切ると山頂へ到着した。

展望台の上に登り昼食の準備をしていると、Bチームが到着。皆で記念撮影。

Aチームは先が長いため、昼食もそこそこに下山開始とした。北側のためか雪は山頂よりも多い。新入会員で最年少の田中さんが先頭である。雪山は初めてとのことであったが、地図を片手に適確にルートファインディングし、メンバーを唸らせた。尾根筋を下るため、何度も林道を横切る。すると、こんな雪の中バイクでツーリングする若い男性が現れる。こんな雪の中珍しいと言って、皆で声をかける。登山とバイクという全く別分野であるが、山好きは一緒のようであり、しばらく談笑した。

北側の尾根は急な箇所が多く、しかも着雪が少ない斜面も多いため、下りは手を焼いた。15:10ようやく下山。デポされた車に分乗して池田温泉まで戻る。

 

山行記録(縦走) 久田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>