バリエーション山行 鎌ヶ岳

このエントリーをはてなブックマークに追加

【日  時】 平成30年12月16日(日) 晴れ
【場  所】 鈴鹿山系鎌ヶ岳
【参加者】 神山敬三(L)、竹中美幸、山本善貴、矢口重治
【タイム】 県庁駐車場6:00→湯の山温泉7:30→歩き出し7:40→三嶽寺7:50→
鎌ヶ岳頂上10:40→下山開始11:15→駐車場14:00→県庁15:30(解散)

6時に県庁東側駐車場集合。神山号一台で出発。一般道経由で湯の山温泉7時30分着。路肩に広い個所を見つけ駐車。7時40分歩き出し。約10分市街地方面に戻り、三嶽寺から入山。うっすらと雪景色。滑りやすい急登を両手両足駆使して登る。雲量3、ほぼ無風、暑い位だ。トップの山本さん快調に飛ばす。神山リーダーからペースダウンの指示が出る。イノシシ、シカ、タヌキ、ウサギ等の野生動物の足跡が夥しい。時折全容見せる鎌ケ岳は、標高は低いが威圧感を感じる独特の山容だ。途中、立木に付着した「なめこ」を見つけ竹中さんが大量に採取した。若干乾燥気味ではあったが、帰宅後料理し家族に振舞ったところ大好評だったとのこと。途中2本の小休止を挟んで、10時40分鎌ケ岳頂上着。約10cmの積雪。北側に見える御在所ロープウェイは運転休止日のようだ。数名の登山者とすれ違う。山本さんの三脚を利用して集合写真撮影。伊勢湾の絶景を堪能しながら持参したテルモスのお湯でカップラーメンを食する。帰路は、滑りやすい雪混じりの激下りにつき慎重に下山する。14時ジャストに車に戻る。このルートは、雪が無ければもっと楽かも知れないが、今回程度の雪混じりが一番滑り易く危険を伴う。もっと積雪があれば、アイゼン・ピッケルが必要になる。バリエーションルートに不慣れな参加者がいれば、スリップの危険性を伴うとともに、もっと時間が掛かったことでしょう。山慣れした4人の編成で良かったのかも知れない。
 積雪期にも楽しそうなルートである。2月中盤以降に再度訪れたいものだ。

 

PC160028

鎌ヶ岳頂上(1161m)  天気が崩れずにラッキー!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です