チェーンソー講習会 9月15日(土)

チェーンソー講習会

9月15日(土) 小雨
揖斐郡森林組合にてチェーンソー講習が行われました。
場所は岐阜県揖斐郡 揖斐川町 上南方 1973番地370  Tel.0585-22-6511
(旧谷汲村:揖斐川町境の東ノ山トンネル南口付近)(新しい道路の方)
谷汲山参道入口の信号交差点より南へ約100m右側(西)へ入った、揖斐川町立谷汲図書館?振興事務所の駐車場に4名が8時集合しました。
森林組合へ移動し、参加者は9名になりました。

森林組合の方(2名)が機械の仕組み、機械の種類、操作方法、メンテナンスの仕方を細かく説明してくださいました。

燃料の配合やオイル、歯が切れなくなった時の原因なども教えていただき、始業前の点検と使用後のメンテナンスが重要なことを知りました。

安全帯(ロープ式)、保護具(ヘルメットにヘッドホン、フェイスガードが付いている)、振動を抑える手袋、防護服(ズボンに回転歯が当たると繊維が出てきて回転が止まる)

靴はスパイク付きの地下足袋(足先と足の甲にガードが入っている)

ズボンはモンベルとかでもあるが、森林組合が推奨するものは30000円程する。

作業姿勢も大事で、絶対に胸から上では使用しないこと。

キックバックで顔や腕を切ってしまう可能性が高いからだ。

足とかも内側は危険だ。切れるというより、肉がえぐれてしまうので、治りにくいのだ。

一通り説明が終わったところで、実技講習を見せていただけるということで、近くの山林に移動しました。

ここでは、先ほど学んだチェーンソーの始動をやってみました。

まずは、ストッパーを効かせて、スィッチオン、チョークは最初のみ(3回レバーを引いてチョークは戻す)

一度かかれば、次回からはチョークはひいてはいけない。

その先は、実際に木に登って枝払い(梯子のくくり方、2段目のかけ方などは初めて見ました)

枝払いも、下から切れ目を入れ、その先を上から切り落とす。

切る位置も座という場所で切るのだ。

切ったところから3年くらいかけて、表面を巻き込んで木は成長していく。

商品にするための枝払いだという説明に驚かされました。

次は立木の切り方を見せてもらいました。

倒す方向を決め1/4三角に切り込みを入れ反対側を切り込み、くさびを打ち込み倒す。

次は倒木の処理の仕方です。

テンションのかかっていない枝を切り落としていき、作業は1人でやること。

今日の講習会は非常に有意義なものでした。

森林のプロのすごさを実感しました。

簡単に使える機械だが、使い方を間違えると重大な事故になることを認識してほしいと思います。

 

富士見台高原 (1,739m ) 平成30年8月26日(日)

富士見台高原 (1,739m  )

中濃総合庁舎出発班と現地神坂峠駐車場で8:30に合流すべく、記録担当者は直接集合場所に向かい到着を待つ。やがて到着した班と準備整い次第、8:25駐車場を後に11人全員そろって山頂を目指して出発した。登山道両脇の朝露に濡れた草木の間を登り始めて程なくすると、左手前方に大部分ガスに覆われた恵那山の姿を見ることとなった。大人に交じって小学生2名が元気よく一緒に歩を進めていった。30分ほど登ったところで展望が開けると、右手下方萬岳荘から登ってくる道と合流した。
ひと休みしたのち、そのまままっすぐ頂上を目指して進んだ。途中広々とした登山道少し左手奥まったところには、しっかりとしたトイレ・休憩所が2棟建っていた。広く一般の人が気軽に(?)訪れることが出来るコ-スゆえの結果であろう。9:25頂上に到着した。
360度の眺望は、いつ見渡しても素晴らしい。暫くして、食事はどうしよう・・・?
時刻は未だ9時半を少し回ったところだが・・・・と言ってはいたが、後藤・竹中(美)両名の名シェフ(!)による豪勢な朝食・昼食折衷みたいな不思議な食事の準備が始まった。ガス台・フライパン各2個により出来上がっていく料理が、なんとまぁ肉料理!! 脇を通りかかった外国人を含む数人の登山者たちの中から、その光景に“おぉ~、これ何ぃ~、こんなの見たことない!”と驚嘆の声が聞こえてきた。
こうした楽しい食事時間があっという間に過ぎて、満腹感を味わいながら順次下山の準備を始めた。じっとしていると少々肌寒ささえ感じる状況になってきていた。11:00丁度用意が整ったところで、萬岳荘方面下山ル-トに向かって下山を開始した。11:30荘到着し小休止をした後、11:45神坂峠駐車場を目指した。12:30全員無事駐車場到着を確認後
またの山行機会を楽しみに解散し帰路に就いた。      (三宅一正 記)

日 時  平成30年8月26日(日) (晴れ)
場 所  中津川市~下伊那郡阿智村
参加者  後藤 允(CL) 竹中美幸 下畑佐和子 杉山美智子 高木基揚 古田 大
田中啓太 三宅一正 ほか大人1名・子供2名 合計11名
タイム  中濃総合庁舎6:00=恵那峡SA=神坂峠駐車場8:25-富士見台高原頂上9:25~11:00=萬岳荘11:30~11:45-12:30(解散)
地 図   ?

「花の旅 歌の旅」くじゅう連山

「花の旅 歌の旅」くじゅう連山

このたび日本山岳会の会報誌 山 8月号に岐阜支部会員杉山様の活動報告が掲載されました。

会報誌をご覧になってない方は、今一度、ご覧になっていただきたいと思います。

杉山様の了解を得まして、原文のまま投稿させていただきます。

花の旅歌の旅  九重連山
杉山美智子

縁あって8年余り前に岐阜支部に入ってまもなく、「坊がつる讃歌」という歌のあることを知り、楽曲に激しく魅せられて、一度現地を訪れてみたいものだとかねがね思っていたところ今回の企画を知り、欣喜雀躍すぐに参加申込みをしました。
6月7日岐阜を出て名古屋から新幹線、小倉からソニックに乗り継いで別府駅前のビジネスホテルに前泊。8日午前9時半、約束通り東九州支部の尾家さんが満面の笑顔でロビーまで迎えに来てくださいました。同宿の北海道支部の女性2人とともに尾家さん運転の車で筋湯に向かいましたが、車を打ちつけるような大雨。時々雷ゴロゴロ、この先どうなることでしょう。
途中〝野の花の郷〟で昼食の折り、大分空港からご到着の山行委員長他東京組の男性3名、千葉、日野、大阪の女性3名、それに尾家さん以外の東九州支部6名の方々と初対面のご挨拶をしました。早速皆で郷土料理のだんご汁や山ごぼう(あざみの根)を美味しくいただきました。
筋湯の八丁原ヴューホテルに入り荷物を置き雨具を着て、山群の最も西にある独立峰涌蓋山へ。ここで私は初めて間近にミヤマキリシマの花を見て、感動してカメラを向けていたら、支部の方が言われました。「そんなしおれたの撮ることないよ。明日いくらでもあるから」と。いやいや信じないわけではありませんが撮り続けましたよ、はい。山頂でいただいた、工藤さんご持参の地元高級農園の大きな苺の美味しかったこと
翌日は昨日の雨が噓のような快晴。心も軽く筋湯を車に分乗して出発。牧ノ峠で下車。久住山、中岳、白口岳、鉾立峠を経て法華院温泉へと歩きます。途上の西千里ヶ浜から眺めれば、北に星生山、南に扇ヶ鼻、もう言葉はいりません、まさにピンクの絨毯の連続です。

昨日との天候の差があまりにも大きくて心の中で思わず「ありがとうございます。満足したので明日は雨が降ろうが槍が降ろうが文句は言いません」と呟いていました。

花の道を通って午前 時前に久住山へ登頂、皆で記念写真。

御池遭難碑の前の平地で昼食。8日夜から参加の河野さんが、家から持って来て下さった冷えた剥き甘夏は、疲れた身に甘露のように沁みわたり格別でした。
食事の後、あらかじめ用意していた「坊がつる讃歌」の歌詞カードを加藤支部長に預けて、「ここで歌いたいのです」とお願いして皆で合唱しました。この歌声決して忘れません。大自然の中で歌うと本当に気持ち良かったです。東九州支部では毎年慰霊登山をなさっているとのことです。お天気に恵まれて最高に楽しかった山歩きも終わり午後3時半頃法華院温泉山荘へ到着。夕食を終え、気心も知れて親しくなった北海道支部の方々と3人個室でゆっくり眠りました。
3日目(最終日)は昨日の心の呟きが聞こえたのか朝から雨模様。なので大船山、大戸越ルートを割愛し、雨ヶ池越へ直行して長者原へ下ることになりました。
原曲である広島高師山岳部歌「山男の歌」の替え歌なる、「坊がつる讃歌」を創った九大生3人の管理していたあせび小屋を、支部長が案内して下さいました。「四面山なる坊がつる/夏はキャンプの火を囲み/夜空を仰ぐ山男/無我を悟るはこの時ぞ♫」。この美しい湿原に想いを寄せた山男たちの青春の歌は、私の老春の愛唱歌になることでしょう。坊がつるが見下ろせる場所で名残りを惜しんで再度皆で、「坊がつる讃歌」を声の限り歌いました。
雨に洗われた新緑が美しく、ウツギ、紫陽花、オオヤマレンゲなどの花を見ることができ、アサギマダラにも出会えました。
長者原へ予定より早く着いたので足を延ばし、計画にはなかった大岳地熱発電所、川端康成の名作『千羽鶴』の続編『波千鳥』の文学碑を見学した後、鄙びた味のある筌の口温泉に浸かり山行の疲れを癒しました。
ひとかたならぬおもてなしをして下さった東九州支部の皆さま、長年の憧れの地に導いていただいた委員長の征矢さん、お世話になった長島さん、本当にありがとうございました。

バリエーション山行  双六岳・三俣蓮華岳・鷲羽岳・水晶岳

バリエーション山行 双六岳・三俣蓮華岳・鷲羽岳・水晶岳

日 時 平成30年8月17日(金)~19日(日) 3日とも快晴
参加者 CL東明・古田・久田・塩入・SL梅田
コース 1日目  新穂高→双六小屋テント泊
2日目  東明・古田・久田 「双六岳・三俣蓮華岳・鷲羽岳・水晶岳・雲ノ平」
塩入・梅田 「双六岳・三俣蓮華岳・鷲羽岳」  双六小屋テント泊
3日目  樅沢岳→新穂高へ下山
内 容  美濃総合庁舎に集合し、新穂高の鍋平駐車場で塩入さんと合流し、小池新道へ。
鏡平山荘で昼食を取り、双六小屋テント場へ。テントを設営し、早速宴会モード。

翌朝が早いので早めに夕食を食べ就寝しました。

夜中に起きた時は満点の星空。
2日目は2チームに分かれ、東明チームは雲ノ平まで目指ざし、梅田チーム 鷲羽岳を目指しました。

霜柱ができていて北アルプスは秋でしたが、快 晴で富士山や白山まで見渡せ、とても気持ちいい稜線歩きができました。

2日目の 夕食は古田シェフが腕を振るってくれ、楽しい夕食となりました。
3日目は日の出を見るため、朝食前に樅沢岳に登りました。

北鎌・西鎌尾根がきれいに見え、焼岳が雲海の中から頭だけ出しており、絶景でした。

樅沢岳を下りて から朝食を食べ下山。

鏡平山荘でお約束のかき氷を食べ、鏡池で逆さ槍を堪能して 大満足で帰ってきました。

記 録 久田さん

梅田さんのヤマレコ https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1563634.html

東明さんのヤマレコ  https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1562727.html

バリエーション山行  第4回沢登り 小俣谷

バリエーション山行  第4回沢登り=小俣谷
・期 日  8月5日(日)
・場 所  九蔵川・小俣谷(高山市朝日町)
・集 合  9時頃 朝日町「あさひ道の駅」駐車場集合
・リーダー 木下喜代男
・行 程  青屋に駐車し林道歩行30分 入渓10:00 <途中昼食> 駐車場所15:30頃

今年は大垣の山岳会の知友Nさんはじめ4名も参加され、10名となった。

乗鞍の谷に精通しておられる地元のFさんにも同行いただいて、総勢12名で大人の水遊びを楽しんできた。

九今回の年齢構成は40歳代から50、60、70歳代、そして82歳のS大先輩も参加された。

Sさんは、岐阜市の老舗山岳会〇〇登高会のメンバーでもあり、お若い時には穂高の屏風岩や前穂4峰の冬季初登攀をしておられる名クライマー。

今なお体力抜群で、先日体力チェックに上高地から奥穂高を日帰り往復されたとのこと。

蔵川沿いの森林管理署林道ゲート600mくらい手前に駐車し、林道を2㎞弱歩くと小俣谷の分岐に出る。

今回も途中のクライミングなどは難なくこなしておられた。

今年は長期間雨が降らず水量は少なかったが、それでも霊峰乗鞍からの清冽な水は絶えることなく、我々を楽しませてくれた。

夏はなんといっても沢登りに限る。

文章については、飛騨山岳会の木下様のブログを引用させていただきました。

この九蔵川(谷)については、木下のブログ=隠居の「飛騨の山とある日」に載せていますので参考にしてください。 http://hidanoyama.jugem.jp/

山田さんのヤマレコ https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1546347.html

 

「山岳映画の夕べ」

「山岳映画の夕べ」
8月11日 18:00より「山岳映画の夕べ」を行われました。
山の日活動として、岐阜支部第一回目の映画放映となり、多くの方が参加されました。

日時場所: 岐阜市長良福光7
長良川スポーツプラザ 2F

17:00 会場 18:00 上映開始 20:30 終了

穂高岳、深田久弥のDVDと花の百名山のビデオを上映しました。

また、会場から上映(17:00~18:00) までの1時間で、岐阜支部メンバーによる「登山質問会」「岐阜支部の活動紹介」
も行われました。

当日はサッカー観戦があったため駐車場が満車になり、参加された方々にご迷惑をおかけしてしまいました。

7月例会山行 大長山、赤兎山

7月例会山行 大長山、赤兎山

期日 7月22日(日)

参加者 CL小林 SL塩入 梅田、神山、竹中美、野田、久田、佐藤、三宅、山本、東明

連日40度近い猛暑の中、赤兎山に登りました。

登りやすい登山道、そして白山の展望が楽しめる。

老若男女が楽しめる皆に人気の山です。

この猛暑の中でも数多くの登山者と出会いました。

もともとは大長山・赤兎山の縦走の予定を、暑さゆえ体力の消耗が心配されたため、赤兎山のみに変更。

のんびりと景色とご飯を楽しむことができました。

山頂、避難小屋と移動し、別山・白山を始めとする両白山地の山々(三の峰~野伏)の眺望を楽しみました。

諦めていたニッコウキスゲも一部残っているところがあり、きれいに咲いている姿を見ることができました。

池塘にあまり水がなく、楽しみにしていたカエルの大群に出会うことはかないませんでした。

かえりに、ラブリー牧場でアイスクリームを頂いて岐阜に帰りました。

赤兎山を登ることをずっと宿題にしていた方の念願も果たせて、ゆっくり山行、暑気の中の癒しの一日となりました。

 

武奈ヶ岳自然観察会  平成30年6月10日

武奈ヶ岳自然観察会 平成30年6月10日

参加者 西條先生、竹中(美)、白木貞次、白木しずゑ、神山、小林、馬淵、水谷嘉、 梅田 東明、三宅、久田、他3名(敬称略)(15人)

5:30 美濃国分寺 7:30 明王院駐車場 7:50登山口 10:30 御殿山 11:00武奈ヶ岳山頂 11:30 御殿山 13:00 登山口 16:00 美濃国分寺

前日まで天気予報の画面はしっかりと雨マークであり、降水確率もお墨付きと言えるほど高いものであった。

ただし、午前中はなんとか持つかなという期待もあり、竹中さんより届いた決行の連絡に参加の返事をする。
美濃国分寺に集合して出発する時は空模様は怪しいものの、まだ雨は落ちていない。

途中、道の駅マキノにて休憩し武奈ヶ岳・御殿山ルート登山口のある明王院に向かう。

駐車場にて三宅さんと落ち合い、7:50登山口より出発。

周回は中止すること、雨が降ってきた時点で下山を考えるということに全員が同意した上で登山開始。
今回は、西條先生と武奈ヶ岳の自然(ぶな)を観察する会である。

登り始めは杉・檜林の急登であり、蒸し暑く風がないためか、これがかなりきつく感じられた。

前日も雨であったためか、足下はかなり悪い。

出発して30分で小休止。

西條先生より、ここで檜について、幹の太さは樹齢という要素よりも温度と降水量の要素の方が影響を与えやすいので、単純に幹の太さから樹齢を推定するのは困難とのこと。

樹齢30年から施肥を行うと早く太くなるようであるが、強度が出ない木材になるという。大変興味深い話である。
9:30頃、急登が終わり標高800m程度の尾根に出る。ここで小休止。まだ、雨は降り出さず。空はどんよりと曇っている。

ここからは、急登から尾根筋に出て、足取りが軽くなる。
10:30頃、御殿山に到着。

ここで、ポツポツと雨が落ちてくる。さて、ここまでで終了かということになったが、山頂までは1時間あればピストンできるのではないかという話になり、ここでパーティを2つに分けることとなった。

山頂までは、水谷さんをリーダーとして、東明さん、小林さん、梅田さん、久田を入れたの8人が行くこととなった。

さて、御殿山から山頂までの道のりは、森林のない尾根道である。

もしも晴れていれば楽しい散歩道なのだろうが本日は雨で視界は50m程度、風がかなり強い。

時折、突風が吹き、横殴りの雨が降るという苦難の道。

ザックカバーを飛ばされそうになりながら、何とか歩いて行く。

一人での山行なら、引き返していたと思う。

30分程度かかり、11:00に山頂に到着。写真だけを写して、すぐに下山する。

御殿山まで来ると、風が弱まってきて、雨もそれほどではなくなった。

少し神経を使ったが、天候が荒れた時にどのような事になるかについて、経験できたことは有意義だったと思う。
先に下山したパーティを追いかける形で下山していく。

13:00頃、登山口まで下山。
下山したところ、関山さんご夫妻が駆けつけて下さり、お茶と和菓子、獲れたてのトマトをご馳走になる。

疲れた体に、大変美味しかった。
少し落ち着いてから、明王院の集会所前の空地にて西條先生より特別に講義を頂く。

ブナは種がどんぐりであるため、あるブナの木から30m程度以内でしか子孫を残せないなど、繁殖力があまり強くないといった話や日本海側と太平洋側とはブナに違いがあるなど、様々、印象に残るお話を頂き、大変勉強になった。


結局、雨は山頂直下のみ降られたことになる。

14:00頃 美濃国分寺に向かって移動。

16:00美濃国分寺 解散。

記録 久田宗昌

 

清掃登山 百々ケ峰 30年6月17日(日)

「清掃登山」実施報告

期日  6月17日(日) 晴れ
山名  百々ケ峰
集合  三田洞弘法四季の森駐車場 9:00
コース
四季の森センター駐車場9:00…三田洞展望台…西峰…百々ヶ峰展望台(山頂)11:00…管理道路経由…駐車場12:45…解散13:00

参加者  山本(CL)神山 後藤 竹中(美) 竹中お母様 足立様(一般参加)

梅雨のさなかの計画で天候が心配されたが、曇りのち晴れとまずまずの天候に恵まれました。
事前の呼びかけも急だったためか、参加者が少なく、岐阜支部の第1回目の清掃登山としては残念な気がしました。しかし、ホームページを見られた方からの参加希望が1名あり、内心ほっとした所もあります。百々ケ峰は登山者も多いが、ごみが落ちていることも少ないという、話もあり期待薄で臨みました。


キャンプ場経由でスタートすると、ボランティアの方の下草刈りが行われていました。

メンバーは腕章をつけて、ごみ袋に火ばさみを持っているため、清掃活動を行っていることは一目瞭然です。
竹中さんは、お母様と管理道を通り、展望地までで折り返します。
すれ違う方々からは、「ご苦労様です」、「お疲れ様です」、「結構ごみがあるんですね」などと声をかけていただき、やりがいを感じます。
個人でごみ拾いをして見える方もいて、同じルートでも「そんなにあった?」と問われました。
山頂でおにぎりを食べて、すぐ管理道を下ります。途中で竹中さんと合流し、ごみを前にして写真を一般の方に写真を撮ってもらいました。


午後から予定がある方も見えて、早めに切り上げ、解散としました。
このような活動は人目につく所で行えば、もっと成果が得られると思います。
また、会員の皆様の積極的な参加があれば、より広く活動できて日本山岳会のアピールにつながると思います。

それと、リハビリ登山や、清掃登山などは関心が高く、ホームページによる広報はおおいに効果が期待できることを実感しました。
報告文 山本