3月例会 今西錦司記念山行 柳ケ瀬山 439.1m

このエントリーをはてなブックマークに追加

日付が変わる頃雨。当日も朝4時頃まで強い雨でしかも雷が
響き渡り、前日に連絡をした方がよかったのか後悔の念を抱い
たが、5時過ぎ東の空を見ると月が出ていて雨が止み行く決心
がついた。集合場所の国分寺駐車場に全員が揃い4台に分乗し、
北国街道(365号線)木之本を抜け1時間ほどで登山口の余呉町
柳ケ瀬に着いた。時折雨雲が垂れ込み辺りが暗くなった。集落
の案内板を見て、荒谷川にかかる橋を越え道標に沿ってゆるや
かな林道を登る。周囲の谷に目を向けると、昨年9月の台風の
影響で杉の倒木が至るところ目立ち残骸が放置されていた。
登り始めから玄蕃尾城跡・行市山砦跡の分岐まで約1時間弱。や
や急登の道を越えると稜線の端に四等三角点があった。城跡ら
しき平坦な入口が現れ、ここから先は下草が刈られ整備が行き
届いていた。、
かって賤ケ岳の戦(1583年)で豊臣秀吉に対抗した柴田勝家軍
が本陣を築いた玄蕃尾城跡には土塁・曲輪などの遺構がほぼ完全な形で残され
ており自然の地形を利用して築かれていることがわかる。我々は案内板を見て
、櫓台(天守)・主郭(本丸)まで散策したが広範囲にわたるため全貌を見るには
時間が不足。早めの食事をとっていたら空模様が急変し、霰・みぞれが降ってき
て逃げ場もなく急いで片付け帰り支度。三角点があった場所で「万歳」「ヤッホー」と大声で別れを告げ、登山口を目指した。帰路の途中、関ケ原辺りで東
の空に虹を見て今日一日目まぐるしい天気だった。桜・紅葉の季節にもう一度
登ってみたい山だった。
【高木基揚 記】
【日 時】 平成31年3月31日(日)(曇り時々雨・霰)
【場 所】 滋賀県長浜市余呉町柳ケ瀬
【参加者】 高木基揚  後藤 充  神山敬三  杉山美智子  竹中美幸  
      白木貞次  馬淵 等  佐藤正雄  武田幸男  三宅一正  大脇美代
      清水友子  今峰正利  長屋桂子  下畑佐和子  小林和雄  
【タイム】 岐阜6:51  美濃国分寺 駐車場7:40 7:50     柳ケ瀬駐車場8:58
9:15・・・玄蕃尾城跡・行市山砦跡分岐10:15・・・柳ケ瀬山三角点10:22~
      散策・食事11:30・・・登山口12:17   美濃国分寺 駐車場 13:55   
  岐阜15:10
【地 図】 中河内  1/2.5万

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です